エネルギー省(DOE)のAlfonso Cusi長官は、石油会社に対し、今後数カ月の間に世界的な供給が逼迫する中で、原材料の現地供給を確保するよう促している。

Cusiは、石油会社は、適切な供給を確保し、価格の急騰を避けるため、最低石油在庫量を維持するよう現地の石油供給業者およびバルク会社に指示する執行命令(EO)第134号に基づく最低在庫要件(MIR)に従うべきであると述べた。

DOEのチーフは28日の声明で、「私は、国内のすべての石油会社に、十分な供給を確保するよう指示し、今後数カ月の石油製品価格の高騰を緩和する計画を立てている」と述べた。

EOの実施要領に基づき、石油会社及びバルク供給者は、石油製品の供給日数を少なくとも15日間、液化石油ガス(LPG)については最低7日分の在庫を維持するものとする。

一方、石油精製業者は、最低30日分の原油及び精製石油製品の在庫を確保すべきである。

石油産業管理局によると、「10-12月期の積極的な需要は、現在の供給量が103.22百万バレル/日に過ぎないときには、1日当たり最大1億300万バレル(mbpd)に達すると見られている」という。

石油生産者は、昨年4-6月期には経済活動が増加すると予想されていたにもかかわらず、生産量を40万バレル/日増加させ続けている。

ブレント原油は月曜日に1バレル当たり80米ドルを超え、3年ぶりの最高値を記録しました。

地元の石油価格については、企業は火曜日の午前中に大幅な値上げを行った。

価格調整により、現地の原油価格は、ガソリンで16.55PHP/L、ディーゼルでPHP15、灯油でPHP13の年初来の純増となった。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1155659