フィリピン経済区庁(PEZA)は、二国間投資協定と両国間の新南方貿易条約に署名し、台湾からの投資の誘致を目指している。

PEZAのTereso Panga副局長は、個人のソーシャルメディアアカウントで、投資促進機関は台湾をPEZAのトップ投資家の1つとして維持することを望んでいると述べた。

PEZAは火曜日、台湾との間でグローバル・ビズを開催し、PEZAのシャリト・プラザ事務局長、マニラ経済文化局長(MECO)、台湾のウィルフレド・ベルトラン・フェルナンデス駐在員、台湾のミヒャエル・ペイオン・フス経済文化局長が出席した。

「購買力平価によって台湾がアジア第7位、世界第20位の経済大国であることを考えると、フィリピンは台湾との経済協力の拡大の恩恵を受けるだろう」とPanga氏は述べた。

さらに、台湾は、特にエレクトロニクス、機械、石油化学、エネルギー、情報通信技術などの分野で競争力のある製造部門を有しており、フィリピンでの事業拡大が可能であると付け加えた。

PEZAの関係者によれば、PEZAに登録されている台湾企業は112社である。

投資総額は323億ポンドに達し、フィリピン人の雇用は4万人近くに達した。

Pangaは、PHP45億の投資を伴うSunon Properties、PHP29億の投資を伴うTong Shing Electronics、PHP21億の投資を伴うKinpo Electronics、および関連会社Acbel Polytech PHP17億の投資を含む、PEZAに対する台湾の上位投資家を挙げた。

「CREATE(企業復興・企業に対する税制優遇法)による投資と税制上の優遇措置を導入することで、PEZAは、エコゾーン製品の高度化、輸出の多角化、労働集約的かつ高度な技能を有する雇用、知識の移転、地元のサプライチェーンの強化、産業クラスターの創出を提供する台湾の戦略的かつハイテク産業をターゲットにすることを目指しています」とPanga氏は述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1155034