証券取引委員会(SEC)は、外貨、暗号通貨、ギャンブル、稼ぎプラットフォームなどの外資系企業と取引する際には注意を払い、フィリピンで事業を行うことが許可されているかどうかを確認するよう、一般市民に促している。

法律により、事業体は、国内で事業を行う意図がある場合、SECに登録し、一次登録を取得する必要がある。

「一般市民は、いかなる事業体と取引/取引する前にも、注意を払い、デュー・デリジェンスを行うことを思い出される。 SECによると、フィリピンでは、利益を失わないため、登録や事業免許を取得していない企業や事業体との取引を避けるよう勧告されている。

「事業体または活動が認可されていないか、または登録されていない状態で、海外に拠点を置いている場合、フィリピン国外に送金されると、その資金が返金されないリスクがあります。」

SECは、フィリピンのウェブサイトやオンライン・アプリやプラットフォームを通じて、フィリピンで製品やサービスを利用できる未登録の外国企業や事業体と取引することの意味について、数多くの問い合わせを受けた後、勧告を発出した。

SECによると、これらの登録されていない事業体の多くは、フィリピン人がオンラインプラットフォームにアクセスすることを許可し、登録もライセンスもないにもかかわらず、オンライン手段で顧客アカウントの登録、作成、登録を許可しているという。

SECによると、フィリピン人は、Facebook、YouTube、Instagramなどさまざまなソーシャルメディア・ネットワーキング・サイトでの積極的なオンライン広告の標的にさえなっているという。 このような登録されていないオンライン・プラットフォームには、外貨ブローカーおよび取引所、デジタル資産/暗号通貨/仮想資産交換、分散金融投資プラットフォーム、イールドファーミング/スタッキング・プラットフォーム、マルチアセット/マルチセキュリティ・ブローカー企業、証券トークン/トークン生成イベントのためのウェブサイト、違法投資スキームのウェブサイト、バイナリ・オプション取引アプリ、ペイ・トゥ・クリック/キャップチャ・ウェブサイト、プレイ・トゥ・アウォン・ゲーム・プラットフォーム、フィアット/暗号通貨ギャンブル・ウェブサイト、および種々の暗号通貨関連投資ウェブサイトが含まれる。

SECは、これらの法人による不正行為または何らかの形態の不正行為に対する管轄権は、これらの法人が活動する外国の管轄権に属すると説明した。

SECによると、「国内の参加者は、これらのプラットフォームが登録されている国に行かなければならず、是正を求めるために適切な苦情を申し立てる事業を行っている」という。

他方、SECは、フィリピン国内の支店、地域営業本部/地域本部、または代表事務所としての業務を行う登録された国内企業または外国法人との取引は、フィリピン国内の関係者がフィリピン法によって正当に保護されることを保証するものであると述べた。

出所:https://business.inquirer.net/330678/sec-warns-public-vs-unlicensed-foreign-firms