省庁間鉱業調整評議会(MICC)は、第2回監査の対象となった鉱業会社に失敗の痕跡を与えず、環境天然資源省(DENR)の職員が確認した。

事情に詳しい鉱山・地球科学局(MGB)の関係者によると、今回の調査対象となった17の鉱山事業は平均2点となり、小規模な改革しか必要としない可能性がある。

監査はMPSA(鉱物生産分担契約書)ベースで実施した。 このため、17の鉱業事業が監査の対象となったものの、14の鉱業会社しか関与していなかった。

カルロス・ドミンゲス財務長官とシマトゥ環境長官が共同議長を務めたMICCの評価に基づき、企業は法的、技術的、環境的、社会的、経済的な観点から評価された。

ポイント制は、3点が最も高く、小さな改革を必要とする者が2点、大きな改革を必要とする者が1点、閉鎖に直面する者が0点となっている。

監査に合格した会社は、Cagdianao Minining Corp.、Century Peak Corp.、Rio Tuba Nickel Mining Corp.、Techion Resources Inc.、Greenstone Resources Corp.、SR Metals Inc.、Philsagaga Minining Corp.、Agata Mininining Ventures Inc.、TMC-Tribal Mininining Corp.、Filex Resources Corp.、FCF Minerals Corp.、Atlas Consolidated Mining and Development Corp.、Platinum Group Metals Corp.、Taganito Minining Corp.、Pacific Nickel Philippines Inc.です。 And Apex Mining Corp.

監査では、DENRが国際基準を採用し、鉱山労働者のパフォーマンスを測定するための測定基準を改善する必要性を含め、いくつかの所見と勧告が得られたが、詳細はまだ明らかにされていない。

2018年に開始されたMICCの監査レビューでは、故パズ・ロペス環境大臣が休止していた26の鉱山が対象となった。 このうち17件が合格し、最終的には2回目の見直しが行われた。

省庁間協議会は、来年中に第3回目の監査を開始する予定であり、バンサモロ地域の採掘事業と4つの鉱山を対象とする。

出所:https://business.inquirer.net/329342/14-mining-firms-pass-governments-2nd-industry-audit