フィリピン政府、同国でのデジタル決済の普及を加速

digital-payment-adoption

政府は引き続き、同国におけるデジタル決済の水準をさらに向上させるため、銀行および関連機関とのパートナーシップを強化している。

10月12日(火曜日)、バンコ・セントラル・ピリピナス(BSP)のベンジャミン・ディオクノ総裁は、トリフト銀行室(CTB)のバーチャル・コンベンションでの演説で、金融サービスの改善に向けた国民のアクセスの向上と金融包摂に向けた改革への協力における銀行の貢献の重要性を強調した。

「スリフト銀行は、2021年8月末現在、全国各地に広がる2,744の銀行事務所を有する金融包摂の触媒として、戦略的に位置づけられています」と同氏は述べた。

ディオクノ氏は、同国の強力なマクロ経済ファンダメンタルズと現在進行中の改革は、パンデミック後の回復力を高めるために、貯蓄金融機関が利用できると述べた。

同氏によると、中央銀行は、同意主導のデータ移植性、相互運用性、金融機関とサードパーティ・プロバイダ間の協調的提携を促進する「オープン・ファイナンス・フレームワーク」を発表したという。

「顧客の金融情報への「許可に基づく」アクセスを通じて、金融機関や第三者は、変化する消費者ニーズに適した革新的な商品やサービスを開発するために必要な金融情報へのアクセスを獲得するだろう」と同氏は付け加えた。

ディオクノ氏は、中央銀行がアウトソーシングや規制のサンドボックス、あるいは貯蓄金融機関などの小規模金融機関のデジタル化をさらに促進することが期待される「テスト・アンド・ラーニング」の枠組みに関する政策を発表する予定だと述べた。

また、「デジタル化の進展に向けて、貯蓄金融機関がデジタル対応の文化や環境に備えるのを支援するためのコースを開発する」と述べた。

Dioknoはまた、フィリピンIDシステム(Philippine Identification System:フィリピンIDシステム)または国民IDの実施の重要性を強調した。フィリピン人に固有の、検証可能な、生体認証に基づくデジタルIDを提供するだけでなく、銀行口座の所有権も増加させるからである。

国家IDプログラムの下で、BSPはフィリピン国有土銀行(ランドバンク)と提携し、銀行口座を持たない申請者に、全国IDの生体認証を収集している同じサイトで開設するためのサービスを提供している。

2018年8月、ロドリゴ・R・デュターテ大統領により署名された共和国法11055、またはフィリピン身分証明制度法は、フィリピン人および居住外国人全員に単一の国民IDを確立することを目的としている。

国の身分証明書は、公私の取引、学校への入学及び銀行口座の開設を簡素化する手段となる身分証明書でなければならない。

また、特に、トランザクション中に1つのIDのみを提示する必要がある政府サービスへの対応において、効率性の向上を目指している。

フィリピン経済のデジタル化が進み、フィリピン人の支払い方法が改善されつつある。 フィリピンの消費者にとって、これはデジタル金融サービスのより幅広いメニューへのアクセスに向けた第一歩です」とDiokno氏は述べた。

同氏は、急速な技術の進歩を考えると、貯蓄銀行のシステム、プロセス、サービスのデジタル化が今や重要になっていると述べた。

「リフトバンクは、変化の激しい時代に対応するために、新たな事業戦略を検討し、進化させなければなりません」と同氏は付け加えた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1156422

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you