貿易産業省(DTI)のラーモン・ロペス長官は、同国はいわゆるソーシャルメディア・キャピタルであり、政府の零細・中小企業(MSME)のための社会経済開発アジェンダの成功に寄与する可能性があると述べた。

「フィリピンは世界のソーシャル・メディア・キャピタルであり、これにより同省の若者起業家プログラム(YEP)の経済的自立が強化されています」とLopez氏は水曜日のCordilera YEPの第2年度プログラムの開始とオリエンテーションの開幕時に演じられた記録的な基調メッセージで述べた。

このイベントは、若い起業家と新しい起業家を対象としたDTIプログラムに関する話し合いや、専門家や若い起業家の経験の共有を含む。

Lopezは、DTIは若い起業家の可能性を見て、YEPを、コロナウイルス病(Covid-19)のパンデミックの中で、経済の回復を支援することを目的とした国全体のアプローチに対する機関のシェアとして概念化したと述べた。

同氏は、同省の「7Ms」を共有し、若い起業家の競争力を加速させた。これは、同省が事業を開始し、改善し、維持し、成功させるのに役立つものである。

Lopez氏によると、DTIは、若い起業家が貿易の「習得」を手助けする「マインドセット」を作るプログラムを持っているという。 また、新興・志望の起業家を対象とした「メンタリング」プログラムや、設備を提供するシェアードサービス施設(SSF)の下に「マシン」を提供している。

また、DTIがMSMEと潜在的な市場を結びつけ、スキルを提供し続けるための「モジュール」を提供する「市場」アクセス・プログラムもある。

ロペスは、コルディレラで18,160のMSMEが雇用を創出し、47のビジネスセンターが支援している約10億PHPの零細起業家を紹介したことを、政府が支援していると述べた。

「これらのプログラムは、若年層を将来のビジネスマンとして信じているため、若年層を含む小規模な起業家が利用することができます」と同氏は述べた。

DTI地域業務担当次官は、別途記録されたメッセージの中で、若者起業プログラム以外にも、弱い立場に置かれた人々のためのプログラムを考案する予定であると述べた。

また、学校に通っていない若者を対象とした起業プログラムも予定されている。

DTIコルディレラ地域局長のジュリエット・ルーカス氏は、パンデミックが始まって以来、若者がインターネットを利用してビジネスに参入する傾向が見られたため、若者はこの分野に注目するようになったと述べた。

これまでに100人以上の若い起業家が研修を受け、そのうち67人が起業に関する専門的な研修やコースを受けている。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1153616