7月23日現在、フィリピン政府は、市場における不法燃料の存在を排除するためのプログラムを実施した結果、燃料製造から2,645億2,000万ポンドの税金を徴収している。

輸入石油の参入を監督する関税は、総額2,347億4,000万ポンドの89%を占め、BIRは地元企業の生産を監視することを義務付けられ、11%を占め、297億8,000万ポンドとなった。

Carlos Dominguez III財務長官によると、政府は2019年9月に回収が開始されてから約23カ月で272億7000万リットルの燃料を供給している。 ディーゼルは166億8,000万リットルで61%以上を占め、次いでガソリン104億4,000万リットル、灯油1億4,492万リットルとなっています。

規制当局は、指定燃料の73%以上をルソンの石油会社に供給した。 一方、ミンダナオとビサヤスの業界関係者は残りの27%を分割した。

大手企業のペトロン 取扱高の23%を占めるピリピナスシェル石油(株) 19%強。

その他には、Unioil Petroleum philippines(10%)、Seaoil philippines(インシュラル・オイル・コーポレーション)などがある。 フェニックス・ペトロリアム・フィリピン いずれも約8%を占めています。

規制当局は、燃料マーキングの下で、どの石油製品が対応する税金を支払ったかを決定するために化学物質識別子を使用する。

燃料の含有量が基準値の95%未満の場合、政府は所有者に関税および罰金の支払いを要求します。 税関は輸入燃料プログラムを担当し、BIRは国内企業の回収を担当する。

出典:
https://www.philstar.com/business/2021/08/03/2117101/government-collects-nearly-p265-billion-fuel-marking