フィリピン政府は、P492-Bのガス事業への投資を見込んでいる。

investments-from-gas-deals

政府は、Duterte政権が設計したPhilippine Conventional Energy Contercing Program(PCECP)の下で石油・ガスサービス契約(SC)が結局商業的な開発・生産段階に入るとすれば、4,924億ポンドの投資を見込んでいる。

SC事業者がエネルギー省(DOE)に提出した7年間の作業計画の中で、流入する投資規模は西フィリピン海域を含む石油探鉱活動に対して101億ポンドと規定された。

しかし、いったん石油ブロックが商業規模の発見につながれば、DOEは石油生産を生み出すサービス契約に対する総投資額944億ポンドを計算している。そして、3,980億ポンドの投資は、いったん具体化されれば、ターゲットを絞った商業ガスから得られるであろう。

エネルギー省は、推定に基づくと、石油生産量は6,600万バレルで推移し、天然ガス埋蔵量は3兆5,000億立方フィート(TCF)と見込まれている。これは、マランパヤ油田の確認埋蔵量に匹敵する規模である。

エネルギー局は、ムスリム・ミンダナオ州バンサモロ自治区(BARMM)で申請されたものを含め、国内各地の石油ブロックにおける石油・ガス探鉱のための15件の申請を受けた。

提出された全応募のうち、エネルギー部門は、応募者-投資家への落札の承認を得るために、すでに4つの新しいサービス契約(SC)が社長室に承認されていることを明記し、他の4つは評価中である。

DOEは、「これら8つのSCの授与により、潜在的な収益は6450万ポンドとなり、これらのSCがそれぞれの7年間の探鉱期間の終わりに達すると、総投資額は84億ポンドとなり、8770万ポンドに達する可能性がある」と強調した。

同局は同様に、BARMM地域の石油サービス契約のために注入されるターゲット投資は少なくとも17億ポンドに達する可能性があることを強調した。

エネルギー省が指摘するように、「北西パラワン・ビサヤン盆地からの石油生産は依然として予想される」が、ガス生産は北西パラワン、ビサヤン、南西パラワン、ミンドロ・キュヨ盆地で予測されている。

「DOEは引き続きSCを監督し、2040年までに6,600万バレルの原油と3.5 TCFの天然ガスの目標総生産量を監視する」とFDAは述べた。

同省も同様に、BARMMの管轄区域における見通しが「化石燃料の探鉱、開発、利用をさらに促進する可能性がある」と考えている。

しかし、現在、DOEは、「BARMM地域のサービス契約の落札は、地域内の石油投資の処理と落札の仕方が政府間関係機関(あるいは、国とバンサモロ政府を同等に代表する分科会)によって決定されなければならないため、未だに行われていない」と指摘している。

出所:https://mb.com.ph/2021/10/17/govt-eyes-p492-b-investments-from-gas-deals/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you