フィリピン政府は、エネルギー省(DOE)を通じて、総合エネルギー企業セミララ・マイニング・アンド・パワー社から17億ポンド近いロイヤルティ支払いを受けている。 4-6月期(2004年12月期第2四半期)のSMPC

SMPCは2021年4月から6月にかけて、PHPが148億円の収入を計上した後、これは政府への四半期ロイヤルティ支払額としては最高額となると発表した。

2021年第2四半期のSMPCの売上高は、過去最高の石炭売り上げと平均販売価格の上昇に支えられています。

PHP17億円が政府に引き渡されたうち、PHP10億円は、コロナウイルス病2019(Covid-19)と闘うためのプログラムに資金を提供するために、国家政府に提供される予定である。

PHP 6億6,600万台は、SMPCの鉱山サイトをホストする地方自治体(LGU)に、PHP 1億3,600万台はアンティーク州、PHP 3億台はカルヤ市、PHP 2億3,000万台はバランガイセミララ州に、それぞれ送られる予定です。

1991年の地方自治法に基づき、石油、石炭、地熱、水熱、風力の各施設のホストLGUは、ロイヤリティ収入の40%を受け取るものとする。

「パンデミックはわが国に多大な損害を与えた。 SMPCのマリア・クリスティーナ・ゴティアン社長兼最高執行責任者(COO)は、「われわれの貢献が、Covid-19に対する政府の対応を促進するのに役立つことを期待している」と述べた。

SMPCは、石炭採掘と電力事業を統合し、地域のバリューチェーンを構築することで、自らの燃料源を掘り起こす、同国の唯一の発電事業者です。

SMPCのウェブサイトによれば、SMPCは900メガワットの電力を発電し、パイプラインには1200MWの石炭火力発電が追加されている。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152160