2021年1~7月のフィリピン政府歳入は、2020年の同時期の1.69兆PHPから3.6%増の1.75兆PHPとなった。

この増加にもかかわらず、政府の歳入はまだパンデミック以前の水準に達しておらず、収入は1兆8,200億ポンドに達しています。

財務省(DOF)によれば、年度の最初の7カ月間の政府歳入の増加は、堅調な税徴収に牽引された。

内国歳入局(BIR)を通じた税収は、前年の1兆1,100億PHPから7.8%増加し、今年は1兆2,000億PHPとなった。

関税局(BOC)は、1-7月期の総徴収額は3,589億ポンドで、前年同期の3,029億ポンドから18.5%増加しました。

「この期間のBOCのコレクションは、わずかに12億ポンドを超えるものの、すでにパンデミック前の収入を上回っています。 DOFの経済速報によると、いずれの徴収機関の収益も、第1学期の名目GDP(国内総生産)成長率6.2%を上回った。

一方、税外収入は2020年の2,597億ポンドから今年は1,732億ポンドに減少した。

DOFは、「昨年の政府企業による多額の非定期配当送金のため、税外収入は33.3%減少した」と付け加えた。

政府支出は、2020年1~7月の2兆3,900億ポンドに対し、2020年1~7月の2兆3,900億ポンド(8.2%)増加し、2兆5,800億ポンドとなった。

この結果、PHPは8,352億ポンドの赤字となり、前年の7,0006億ポンドの赤字から19.2%増加した。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152311