フィリピン政府は、COVID-19の機動性制限が続く中、航空業界を救うためのブレーンストーミングを行っていると、9月18日(土)に、起業ジューイ・コンセプシオン大統領補佐官が語った。

コンセプションは、ラギング・ハンダのブリーフィングで、フィリピン航空(PAL)、セブ・パシフィック、エアアジアがオフィスに面会し、業績不振の企業に対する懸念を伝えたと述べた。

「われわれは、航空セクターを救う以外に選択肢はないと考えている。 なぜなら、航空セクターが崩壊すれば、観光セクターも崩壊するからです」とConcepcionは英語とフィリピン語の組み合わせで語った。

コンセプトは、「現在は危険にさらされている」ため、業界を支援しているとし、それは事業の存続可能性の問題だと述べた。

メトロ・マニラは、経済開放を目指し、9月16日(木曜日)から、警報レベル4による細かいロックダウン・システムの導入を開始しました。 実験的なロックダウン計画の下で、一部の産業は、主に食事および個人ケアサービスに限定して、わずかに開放することができた。

一方、フラッグ航空のフィリピン航空は、連邦破産法11条の適用を申請した。 それは、2021年までのプロセスから出てくると予想される。

コンセプシオンは、政府がパンデミックの各省庁間タスクフォースのアドバイザーであるDr. Edsel Salvanaと話し合い、乗客の検疫を調整するなどのアイデアをまとめたと述べた。

コンセプションによれば、PALの考え方は「フィリピンに帰国した旅客の検疫を10日から4日に、そしておそらく7日に短縮する」ことであった。

フィリピン政府は現在、入国後の検疫期間を原産国が決定する制度を実施している。

「グリーン・リスト」諸国から来た完全なワクチン接種を受けた乗客は、到着時に7日間という短い検疫期間をとり、5日目にRT-PCR検査を実施することで恩恵を受けている。 「黄色」または「赤色」の国から来た人は14日間隔離される。

フィリピンの「グリーンリスト」には、9月19日から30日までに52か国が含まれているが、フィリピン人が集中している米国や大半の中東諸国は含まれていない。

出所:https://www.rappler.com/business/philippines-brainstorms-ways-save-airline-industry-september-2021