通産省(DTI)では、研究開発(R&D)を全国的に利用しやすくすることで、研究開発を促進している。

Ramon Lopez DTI 事務局長は、米国時間3月のスピンオフ技術に関するアジア・サミットでのメッセージの中で、同機関は、スタートアップ・コミュニティの開発を民主化するために、地域インクルーシブ・イノベーション・センター(RIIC)を全国で組織していると述べた。

Lopez氏は、研究開発は起業家精神の「真の心臓部」であり、「DNA」であることから、包括的なものにすることで、より多くの起業コミュニティを可能にし、技術やクリエイティブ産業における若い起業家的才能を支援することができると述べた。

RIICは、起業家が活用できる、地域に根ざした資源への統合ポータルとしての役割を果たす。

零細、中小企業(MSME)はまた、グローバル市場で競争力を有することを確保するために、グローバル・バリュー・チェーンにおいて製品をポジショニングするためにRIICを利用することができる。

「新しい製品、サービス、プロセス、その他のソリューションを生み出すための厳格な研究開発を活用した創業企業の存在は、同国の知識経済の成長にとって不可欠です」とLopez氏は言う。

また、技術やクリエイティブ産業における地元の人材の育成は、雇用創出、顧客需要の増大、商品やサービスの貿易の活発化にも役立つと付け加えた。

さらにLopezは、世界市場でフィリピンの製品やサービスを促進する起業開発プログラムを挙げた。

これらのプログラムには、GAP(Global Acceleration Program)、SMARTLink(Strategic MSMLE and Startup Link)、DTI(AID)によるスタートアップ・アクセラレーション&インキュベーション、iLEAP(International and Local Exposure Assistance Program)、SVF(Startup Venture Fund)などがある。

「我々は、グローバルな知識経済に生産的に関与するために、イノベーションと価値創造を強化し、創業や他の企業を支援するためのエコシステム・アプローチが必要です」とLopez氏は述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1155677