フィリピンの上半期の自動車総台数は4万1,527台で、前年同期の2万7,919台から48.7%増加しました。これは、コロナウイルス・パンデミックの影響で自動車の需要が厳しく制限されたためで、東南アジアでは自動車生産台数と販売台数が2番目に急増したことによるものです。

東南アジア諸国連合(ASEAN)自動車連盟(AAF)のデータによる。

近隣諸国と比較すると、フィリピンの自動車生産はベトナムに次いで2番目に高い伸びを示し、6カ月間で69.9%増加した。

第1学期に自動車生産が増加したその他の東南アジア諸国は、マレーシア(45.3%)、インドネシア(39.5%)、タイ(39.3%)であり、ミャンマーは83%減少した。

6月末のASEANの自動車生産台数は、前年の123万台から41.2%増の174万台となりました。

また、自動車販売台数では、前期の8万5,041台から56%増の13万2,767台となり、ASEANで2番目に高い伸びを示しました。 シンガポールは58.7%と最も高い伸び率を示している。

ASEANにおける自動車販売台数は、前年同期の98万6012台から6月末には41.4%増の139万台となりました。

また、フィリピンは上期の二輪車生産・販売ともASEANで最も高い伸びを示した。

特に、フィリピン工場の二輪車生産台数は、前期の23万3,948台から92.6%増加し45万524台となりました。

タイは47.3%、マレーシアは44%の増加で第3位となった。

ASEANの二輪車生産台数は前年同期の110万台から56.4%増加し172万台となりました。

フィリピンにおける二輪車の販売台数は、前年同期の451,034台から59.5%増の719,234台となりました。 マレーシアは二輪販売が40.5%増加し、次いでタイが19.2%、シンガポールが18.8%増加した。

ASEANにおける二輪車の販売台数は、前年同期の136万台から35.3%増の186万台となりました。

出典:
https://www.philstar.com/business/2021/08/09/2118526/philippine-vehicle-output-sales-rise-2nd-fastest-southeast-asia