フィリピンは、インフラおよび競争力ランキングが低いため、海外直接投資(FDI)の魅力度で英国のオックスフォード・エコノミクスがランク付けした14のアジア・太平洋経済圏の中で、2位にランクインしました。

経済学のリーダーであるアジア経済学者のシン・フェナーは、シンクタンクの最新のFDI魅力度スコアカードにおいて、フィリピンを台湾に先駆けてランク付けした。

まず中国、次いでベトナムがあり、オックスフォード・エコノミクスは「サプライ・チェーンの再構築から利益を得続ける」と述べた。

マレーシア、インド、オーストラリア、インドネシア、韓国、香港、日本、ニュージーランド、シンガポール、タイもフィリピンを上回っている。

スコアカードは、労働力の力学、インフラと物流の質、政治的・ビジネス環境、市場規模とポテンシャル、および輸出構造を測定した。

オックスフォード・エコノミクスは、アジア太平洋地域全体の中期的なFDI見通しは「パンデミックに起因する供給の混乱や回復ペースの不確実性が、サプライチェーンを見直す企業があるかもしれないにもかかわらず、依然として強力である」と述べた。

しかし、フィリピンの場合、この地域で最も魅力的でないFDI先のひとつであることから、「パンデミックによる経済的瘢痕の程度は特に大きいだろう」とオックスフォード・エコノミクスは予測している。

オックスフォード・エコノミクスは、フィリピンとインドネシアの強みは労働力にあると指摘した。 「都市化が進み、労働力が比較的若いということは、今後10年間でこれら2カ国の労働力供給が2,500万人増加することを意味する。 また、2029年の平均年間利益は中国の3分の1程度下回ると予想している」と述べた。

しかし、オックスフォード・エコノミクスは、「フィリピンとインドネシアのインフラとビジネス環境のスコアはともに低い」と述べ、フィリピンがインフラの質で140カ国中92位にランクされた最新の『グローバル競争力報告書』を引用した。

これが、デュターテ政権の意欲的な「建設、建設、建設」プログラムの背後にある理由である。これは、以前のインフラストラクチャーの欠如、特に「グローバル競争力報告書」では不十分と評価された道路の接続性と電化に対処しようとするものである。

「フィリピン、インドネシアも、企業の取引のしやすさでは点数が低くなっている。 世界銀行の「線量緩和ビジネスレポート2020」によれば、190カ国中70位以上にランクされており、先進アジア経済国と地域の同業他社数社と比較すると不利である」とOxford Economics氏は付け加えた。 ワシントンに本拠を置く貸し手の年次事業報告書は、過去数年間の報告書のデータ不正の疑いが引き続き調査されたため、今年は廃止された。

それにもかかわらず、オックスフォード・エコノミクスは、より多くのFDIを誘致するために、この地域を横断する動きを指摘した。 「フィリピンは2021年初めに法人税率を30%から20%に引き下げ、外国人投資家に対する現地雇用義務を緩和する計画を立てています」と同氏は指摘し、企業再生・税制優遇措置法またはCREATE法に言及した。

出所:https://business.inquirer.net/332297/ph-among-least-attractive-to-foreign-investors