カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

フィリピン、アジア太平洋諸国は依然としてスタグフレーションから隔離されている

Asia-Pacific-countries-insulated-from-stagflation

Moody’s Analyticsによると、COVID-19のパンデミックから徐々に回復するなかで、この地域のインフレ率は依然として管理可能であるため、フィリピンをはじめとするアジア太平洋諸国は依然としてスタグフレーションから隔離されている。

経済状況においては、停滞フラッションとは、高いインフレ率と高い失業率、需要の停滞を指す。

ムーディーズ・アナリティクスのチーフ・エコノミスト、スティーブン・コクラン氏によると、インフレ率はフィリピンとインドでは4%を超えているにすぎないが、この地域の大半では2%を下回っている。

「この地域はいまだにスタグフレーションとはかけ離れている。 インフレ率は、1970年代後半の2桁台、および1980年代と1990年代の高インフレのブートをはるかに下回っています」とCochrane氏は述べた。

彼は、世界および地域のGDP(国内総生産)成長率は、現在減速しているものの、1980年代に経済が数回近づいたゼロ~1%には近づいていないと指摘した。

「アジア太平洋地域は世界的な景気回復に加わり、需要が高まるにつれてインフレリスクが加速し、短期的にはサプライチェーンのボトルネックに終止符が打たれることはないだろう。 しかし、これまでのところ、インフレ率はまだ管理可能なようだ」と付け加えた。

フィリピンのインフレ率は、1月から9月にかけて平均4.5%で、2021年から2023年にかけてのBangko Sentral Pilipinas(BSP)が設定した2~4%の目標を上回った。

8月には32か月ぶりの高値4.9%を記録した後、9月には4.8%までインフレが緩和され、年末にかけてBSP目標の範囲内に戻ってきている。

コクランは、「インフレはオーストラリア、フィリピン、ニュージーランド、韓国の中央銀行の目標を上回っており、後者2カ国とシンガポール通貨庁は、景気回復を見据えつつ、物価の安定を確保するため、名目実効為替レートの勾配を若干引き上げたため、政策引き締めを進めている」と述べた。

昨年、5%を超える高騰を記録した最強通貨の1つとして台頭したペソは、現在、米ドルに対して下落した後、この地域で最も弱い通貨の1つとなっており、過去1カ月間で50~51~1ドルの幅となっています。

コクランは、「インフレが持続し、より多くの中央銀行が政策金利を正常化しようとしているならば、来年も為替のボラティリティが緩やかなままであると予想するには十分な理由がある」と述べた。

ムーディーズ・アナリティクスによると、フィリピン、タイ、ベトナムでは消費者物価指数のボラティリティが上昇しているが、インドネシアでは安定している。

また、ベンジャミン・ディオクノ知事は、インフレ率は2022年には3.3%、2023年には3.2%と目標の4.5%を上回ったものの、目標の範囲内に戻る見込みであることから、「チーム・トランジトリー」の一環であると述べた。

Diokno氏は、インフレ圧力は、天候攪乱やアフリカ豚コレラの長期化が主要食料品の価格に与える影響、およびサプライチェーンのボトルネックに対する強い需要による世界商品価格の上昇によってもたらされた供給面から来ているため、金融介入に正当な理由はないようであると述べた。

「私にとっては、金融引き締め政策による被害は、フィリピン経済がまだ始まったばかりの景気回復期にあることを考えると、遅すぎるという危機を超えている」と、ディオクノ氏は前述した。

コクランは、東南アジア、オーストラリア、インドのほとんどの地域では、2022年半ばまで政策立案者が継続的な経済回復に注力する一方で、同地域はデルタ波の流動性規制から脱却するため、政策金利は安定すると予想していると述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/10/21/2135508/think-tank-downplays-risk-stagflation-asia-pacific

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you