PLDT社の関係者によると、フィリピンはアジアにおける次の戦略的ハイパースケーラーの目的地である。

PLDTの中国・アジア太平洋地域担当責任者であるダレン・ウ氏は、最近の中国国際投資貿易見本市(CIFIT)2021で、同国はすでに世界のクラウド企業から短期的な投資の可能性について注目を集めていると述べた。

「マニラは、チャンス象限にある新興データセンター市場のひとつです」とWu氏は言う。 「マレーシア、タイと並んで高い成長率見通しを持つ立場にあった」と述べた。

ウー氏は、フィリピンの文化的親和性は外国のコンテンツにアクセスする傾向があると述べた。 「携帯電話の接続やインターネットの利用者は、東南アジア地域で2番目に高く、地元市場がデータやアクセスサービスを消費し、ハイパースケーラーのコンテンツを利用できることを示しています」と同氏は述べた。

また、クラウドソリューションやサービスのプライマリコンシューマが地元企業であるビジネス市場も有望である。

このため、米国ニュース・ワールド・レポートや投資運用会社のインベストアジア・インベストメント・アジアは、フィリピンを投資先として最も優れた国のひとつと位置づけています。

「5Gネットワークの導入に向けた電気通信会社の投資が進み、現地化が迫っているため、ハイパースケーラーの市場としてのフィリピンの魅力が高まっています」とWu氏は言う。

PLDTは、フィリピンで世界最大のキャリア・ニュートラルなVITROデータセンターのネットワークを所有しています。

電話会社は、9,000以上のラックでハイパースケーラーの操作をサポートし、強化することができます。

VITROデータセンターはまた、国内で2つの主要なインターネット交換をホストし、異なるセクターにわたるグローバルなゲートウェイとして機能し、ハイパースケーラーのための望ましいコロケーションサイトとなっています。

出所:https://mb.com.ph/2021/09/27/ph-is-next-hyperscaler-destination-in-asia/