フィリピン政府は、魚、野菜、豚肉の価格を引き下げるために安定した食料供給を確保し続け、最近のインフレ上昇に対応すると、国家経済開発庁(NEDA)は火曜日に述べた。

フィリピン統計局(PSA)は、7月の4.0%から8月には4.9%に上昇したと報告した。 フィリピンの中央銀行は、2021年8月の予想レンジを4.1%から4.9%とした。

この増加にもかかわらず、年初来のインフレ率は4.4%にとどまった。

8月の食料インフレ率は、7月の5.1%から6.9%に上昇し続けた。

特に、魚類のインフレ率は9.3%から12.4%に加速し、一方、野菜のインフレ率は南西モンスーンの影響と雨季の開始により5.0%から15.7%に上昇した。

8月の食肉インフレ率は、7月の16%から16.4%に若干上昇した。

しかし、月次ベースでは、食肉のインフレ率は-0.4%まで低下し、物価の安定を示唆している。

特に、冷凍・生鮮豚肉の小売価格は、大統領令No.発行後、ピーク時からPHP19~PHP38/klまで下落している。 133と134。

また、米のインフレ率も、EO No.発行後、前年比-0.4%で推移した。 135.

「我々は、食料価格、特に豚肉とコメを緩和するための積極的な介入の影響を目の当たりにし始めている。 社会経済計画長官のカール・ケンドリック・チュア氏は、パンデミックの最中、国民が安価な食料を手に入れられるよう、政府は政策の調整と強化を続けるだろうと述べた。

農業省(DA)はまた、国内生産における供給ギャップに対処し、豚肉インフレの上昇に対処するために、豚の再人口プログラムを強化している。

また、安定的な魚介類の供給を確保するため、DAは行政令No.を発令した。 22、2021年12月31日までに60,000メトリックトンの魚の輸入(CNI)必要性証明書を承認。

また、当初の輸入が魚類のインフレを抑制するのに十分でない場合には、DAはCNIを引き上げる準備を進めている。 これは、閉鎖漁期における十分な供給と安定した価格を確保するための政府の積極的なモニタリングの一環である。

野菜の生産を支援するため、都市農業や裏庭園の一層の振興を図ります。

これらのイニシアティブの下、原材料資源、機械・設備、研修・技術支援、レジリエンシー・プロジェクト、資金支援を実施する。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152800