カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピンは第4四半期には景気回復を見込んでいる

economic-momentum-in-Q4

フィリピンは、規制緩和に伴い、昨年4-6月期には景気回復が見込まれるものの、政府の見通しどおり、力強い回復を後押しするには不十分である。

オックスフォードは6度目にGDP予測を3.5%から3.4%に引き下げた。 当初の予測は8%の高値だった。

「新しいCOVID-19のケースがデルタ種によって急増し、規制が厳しくなったことから、7-9月期の内需は依然として圧迫されていると思われます。しかし、いくつかの措置は8月初旬から緩和が始まっています」と土屋氏は述べた。

8月、政府はマニラ首都圏をはじめとする地方で、デルタによる急増のため、3度目のロックダウンを実施した。

オックスフォードの直近の予測は、2021年に向けた政府の4-5%の改訂目標を下回っている。

経済チームは、7-9月期には成長が鈍化する可能性があるとすでに述べたものの、多くの企業やセクターが再び営業を許可され、ホリデーシーズンを控えて消費が持ち直すと予想されることから、通期目標を達成できるとの自信を持っている。

「われわれは、10-12月期から2022年にかけて、相次ぐ勢いが高まると考えています。しかし、ワクチン接種率が低いため、国は後退の影響を受けやすくなります」と土谷氏は言う。

「外需はより良くなるはずだが、長期にわたる供給障害が主な下方リスクだ」と述べた。

ワクチン接種率は依然として20%前後であり、年末のわずか2カ月以上前から、政府はすでに集団免疫の達成目標を改定している。

保健省は、人口の70%にワクチンを接種することは、早ければ2022年の第1四半期までに可能であると述べた。

さらに、東南アジアのインフレ率は、商品価格や物流コストの高騰、通貨の軟化などを背景に、今後数四半期は上昇するとの見通しを示した。

しかし、いくつかの国では、政府の措置、特に電力割引や燃料補助金が実施されており、需要の低迷はインフレを抑制するだろう。

「フィリピンは、インフレが上昇し、来年前半までは、中央銀行のインフレ率レンジの上限付近で推移することから、重要な例外です」とオックスフォード氏は述べた。

これにより、シンクタンクは、ピリピナス中央銀行が、景気回復を支えるために、過去最低水準の金利を維持することを期待しています。

最近の予測では、新興国市場(EM)の中で、フィリピンの経済成長率はインドの7.9%、中国の8%に比べて遅れている。 EMの平均成長率は6.6%と予想されている。

ASEAN地域では、ベトナムの3.7%、マレーシアの3.5%よりもGDP成長率が低いものの、インドネシアの3.3%、タイの1.6%よりも高い。

2022年までに、フィリピン経済は7.1%に成長し、2023年には8.2%増加すると見られている。 しかし、2024年までには7%に減速する。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/10/18/2134808/economic-momentum-return-q4

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you