8月の対外貿易は、ベース効果のみならず、国内・世界経済がパンデミックによる不況から回復したことから、出荷が回復したこともあり、4位から165億ドルに急増した。

フィリピン統計局(PSA)の最新データによると、昨年8月の貿易総額は前年同月の132億ドルから25.3%増加した。 昨年の同月、双方向取引は15.6%減少した。

商品輸出額は前年同期比17.6%増の65億ドルとなりました。INGフィリピンのシニアエコノミスト、ニコラス・マパは、「半導体チップとエレクトロニクスの世界需要が堅調で、主力セクターは同月16.5%増、同年17.1%増となった」ことも一因となっています。

エレクトロニクスはフィリピンの輸出の約半分を占めている。

「その他の輸出はすべて、現在では年初来23.1%増加していますが、今後数カ月で基本効果が低下する可能性があります」とMapa氏は報告書の中で語った。

8月の輸入は、前年同月比30.8%増の100億4,000万ドルと急増した。これは、「消費者輸入が8.9%の一桁成長にまで減少したものの、すべての主要セクターが増加したためである」とマパは指摘した。

「資本財は17.6%増加し、すべてのサブカテゴリーが航空機や船舶を除いて増加したが、これはパンデミックによる船隊の縮小によるものと思われる。 マパ氏は、原材料は34.6%増加し、エレクトロニクス製品の輸出に使われる原材料によって支えられた。これは28.9%急増した」と述べた。

鉄鋼をはじめとする金属の輸入が2桁の伸びを示し、建築反発の兆しが浮上。 燃料輸入は、世界的なサプライチェーンのボトルネックのため、エネルギー価格が前年比61%上昇し、116.2%増加しました。 また、原油価格の上昇は緩やかなものにとどまり、輸入総額は約6億5000万ドル減少した」と付け加えた。

マパにとって、「現在の貿易データの傾向は、経済が現在の景気後退から徐々に撤退しようとするにつれて、輸入が再び流れることを示している」。

出所:https://business.inquirer.net/332361/ph-external-trade-rose-25-3-to-16-5b-in-august