カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピン、インドネシア、パートナーシップ・エネルギー・シフト・モデル

Ph-Indonesia-partnership

フィリピンとインドネシアは、アジア・太平洋地域で初めてETM(Energy Transition Mechanism)を設立する新たなパートナーシップを結んだと、アジア開発銀行(ADB)は述べている。

グラスゴーで開催されたCOP26では、ADBの浅川正津総裁、インドネシア財務大臣スリ・ムリアニ・インドラワティ、カルロス・G・ドミンゲス財務長官が、東南アジアのクリーンエネルギー移行の加速化を目指す新たなパートナーシップの立ち上げを発表した。

このパートナーシップの下、ADBは政府関係者と協力し、各パイロット国の最適なビジネスモデルに焦点を当てた徹底的なフィージビリティ・スタディを共同で実施することにより、ETMを試験的に実施する。

ADBは、「ETMは、既存の石炭火力発電所を迅速なスケジュールで引退させ、クリーンな発電容量に置き換えることを目指す、変革的でブレンドされた融資アプローチである」と述べた。

このメカニズムは、20億ドルの資金から構成される。そのうちの1件は石炭火力発電所の早期退職または早期の再利用に充てられ、もう1件は発電、貯蔵、および系統の改修における新たなクリーンエネルギー投資に焦点が当てられている。

国際機関投資家、民間機関投資家、慈善事業への寄付、長期投資家がETMに資金を提供することが想定されている。

「ADBは、プログラムのガバナンス、炭素削減、そして公正な移行目標を改善するために、各国政府が可能な政策とビジネス環境を確立することを支援する」と同行は述べた。

2~3年間のパイロット・フェーズでは、ETMはインドネシアとフィリピンの5~7カ所の石炭プラントの撤退を加速させるために必要な資金を調達するとともに、両国における代替的なクリーンエネルギーオプションへの投資を促進する。

インドネシア、フィリピン、そしておそらくベトナムでは、今後10~15年間で約30ギガワットの石炭船隊の50%を引退させることを目指すETMの本格的な増設によって、年間2億トンの二酸化炭素排出量を削減することができる。

ADBは、ETMが成長するにつれて、世界最大の炭素削減プログラムとなる可能性があると述べた。

予備的な実現可能性調査が完了し、ETMの財務構造を完成させ、パイロット・プログラムに含まれる候補石炭プラントを特定し、公正な移行活動を設計するための完全な実現可能性調査が進行中である。

このパートナーシップは、デンマーク、英国、米国の閣僚レベルの幹部や、主要な国際金融機関、フィランソロピーによって承認された。

また、日本の財務省は、このメカニズムに対する最初のシード資金として、ETMに2,500万ドルのグラントを約束しました。

アジアのエネルギー需要は2030年までに倍増すると予測されており、東南アジアは新規石炭火力発電設備の建設を続けている地域の一つである。

フィリピンは最近、新規石炭火力発電所のモラトリアムを実施する計画を発表した。

出所:https://mb.com.ph/2021/11/03/ph-indonesia-form-energy-shift-model/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you