貿易産業省(DTI)のラモン・ロペス長官は、パンデミックにもかかわらず、製造、建設、エネルギーの機会が依然として高いことから、日本企業にフィリピンへの投資を促している。

ロペス氏は、フィリピンで開催された日本企業向けの経済説明会で、日本の投資家が半導体・電子製品の製造や医療機器の製造の機会を検討する可能性があると述べた。

「医療機器製造は、工具や金型、化学品、半導体、プラスチック、医療機器やその部品の製造に必要な金属部品などの製造のサプライチェーンの存在に支えられ、成長しつつある産業です」と同氏は述べた。

Lopez氏は、政府が医療施設の建設を目指しているため、医療機器の需要は増加すると予想していると述べた。

「地域の医療機器市場は年平均8.8%の成長率を示し、2024年末までに8億8,430万米ドルに達すると予測されています」と同氏は述べた。

DTIの長官は、日本企業は、政府の「建設、建設、建設」インフラ・プログラム、住宅残高、オフィス・スペース要件、運輸部門の需要、サプライチェーン産業、電力需要、より多くの医療施設の需要に牽引されて、国内建設部門に参入する大きな市場を持っていると述べた。

「Build, Build, Build」プログラムでは、政府は119件のインフラ・フラッグシップ・プロジェクトを実施している。

また、日本企業は、2030年までに住宅残高が1,240万戸に達すると見込まれている一方、オフィス市場は2021年から2025年までに約37万平方メートルのオフィススペースを必要としていることから、住宅部門の機会を検討するよう奨励された。

さらにLopezは、運輸セクターにおいても需要が増加しており、運輸インフラには今後10年間で1,000億米ドルの投資が必要であると述べた。

また、経済成長に伴い、電力需要も増加することが予想されます。

一方、地元のサプライチェーン産業は、今後10年間に140億7,000万ポンドの投資を必要とし、特に倉庫、冷蔵施設、コンテナヤード、統合物流デポへの投資を必要とする。

コロナウイルス病2019(Covid-19)のパンデミックが進行中であることから、Lopezは、同国でより多くの医療施設を建設する緊急性があると述べた。

「フィリピンの保健システムは、増加する確定・疑い症例に対処することに限られている。 現行の病床人口比は1:984である」と通商高官は述べた。

第1四半期には、日本は2億1,536万ドルの投資促進機関への投資プレッジの最大の源泉となりました。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152847