フィリピンは、中国企業に対し、農業、観光、ハイパースケーラー活動、再生可能エネルギーなど、いくつかの分野への投資と協力を提供している。

「我々は、いずれの展示会においても、GCHの地位によってもたらされたユニークな著名さを、フィリピンへの関心を喚起する絶好の機会とみなしています」と、中国・ホセ・サンティアゴ・スタ大使は述べた。 ロマナ氏は、中国国際投資貿易見本市(CIFIT)のフィリピン代表団長を務めた。

フィリピン貿易投資センター(北京)の商事顧問、グレン・ペニャランダ氏は、CIFIT 2021期間中に4通の意図表明書が署名されたが、投資額やプロジェクトの詳細は記者発表時点では入手できなかったと述べた。

代表団の他のメンバーは、農業、特にアバカ、ココナッツ、マンゴー、エビ、カオ、コーヒー、観光セクターへの投資機会を強調した。

中国・アジア太平洋地域のPLDTテリトリーヘッド、ダレン・ウー氏は、フィリピンはハイパースケーラー企業やクラウドセンターやデータセンターを運営する企業に強力な市場を提供していると述べた。

同氏は、フィリピンはハイパースケーラーのハブとしての役割を果たす可能性があると述べ、そのデジタル性と経済性、5Gネットワークの採用、国際的な海底ケーブルシステムの存在、ケーブル着陸局、光ファイバーケーブルの展開など、堅固なインフラを挙げた。

アボティス・パワー社の再生可能エネルギープロジェクト開発・実施担当の第一副社長、リー・バラング氏は、フィリピンの再生可能エネルギーセクターでの機会を紹介し、地熱、水力、風力、バイオマス、太陽エネルギーなどのクリーン・再生可能エネルギー源における同国の競争優位性を指摘した。

フィリピンは、PLDT、アボティスを除くCIFITに参加し、BDO Unibank Inc.、SM Investments Corp.、San Miguel Corp.、Science Park of the Philippines Inc.、Firipino Chinese Chambers of Commerce and Industry Inc.、Philippine Xiamen Amity Association、Damosa Land、Clark Development Corp.が参加しました。 レニイ・ホールディングス・グループ

フィリピンは中国銀行と協力し、中国市場への投資と貿易機会を促進している。

昨年、中国はフィリピンの最大の貿易相手国であり、第3位の輸出市場であり、最大の輸入供給国であった。

今年の1-5月期において、中国は輸出全体の16.2%を占め、輸出の最大の輸出先であり、そのシェアは27%であった。

また、フィリピンのアジアへの最大の海外直接投資(FDI)であり、1月から5月にかけて、対前年比128%増の1,033万ドルとなった。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/09/14/2126874/agriculture-3-other-sectors-offered-sino-investors