カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

エコノミストによると、フィリピンは回復の途上にあるという。

economic-growth-in-Q4-will-be-sustained

経済学者によると、COVID-19の規制緩和と集団予防接種の強化は、10-12月期と来年の経済成長を持続させる。

「われわれは回復の途上にある。4-6月期のGDP(国内総生産)は11.8%増加した。 しかし、8月には「デルタ」のバリエーションがあったため、成長目標を縮小した。 しかし、現在の数字をCOVID-19[事例]で見ると、米国経済開発庁(ネダ)のRosemarie Edillon次官はGonegosyoバーチャル・フォーラムに語った。

経済担当者は、感染性の高いデルタ株の広がりを抑えるため、8月に厳しい制限に復帰したと発表した。 7-9月期のGDPは4-6月期を上回る可能性があるものの、労働者の流動性が高まることから、前年同期比では伸びが鈍化した可能性が高いと指摘した。 ただ、7-9月期のGDPは4-6月期のGDPを上回る可能性がある。

マレーシアの金融大手、メイバンク・キム・エン氏は、今年から来年にかけてフィリピンでは、全米規模のワクチン接種プログラムが本格化し、より楽観的な成長率を予測した。

メイバンクのKim EngアナリストChua Hak Bin氏、Lee Ju Ye氏、Linda Liu氏は、2021年のフィリピンの実質GDP成長率は5.5%に達すると予測し、政府の目標を4%から5%下回った。

メイバンクの推計によれば、2022年にはフィリピン経済は7%成長し、目標値の7~9%の下限に達する。

出所:https://business.inquirer.net/332527/ph-on-the-way-to-recovery-say-economists

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you