Ramon Lopez貿易長官によると、フィリピンはコロナウイルスの流行が続いているにもかかわらず、米国の医療情報管理サービス(HIMS)企業にとって魅力的な投資先であり続けている。

8月24日付のウェビナー・火曜日で、LopezはHIMSがフィリピンの「Make It Happen in the Philippines」投資キャンペーンの優先セクターの1つであると述べた。

「私たちは、フィリピンにおける貴社のグローバルな事業目標の実現に引き続きコミットしています。とりわけ、当社の従業員の雇用と雇用の創出に役立つでしょう」と同氏は述べた。

通商部門長は、この部門は、パンデミック後の将来において、より良い機会を取り戻すために米国とのパートナーシップを強化するのに役立つだろうと述べた。

「現在、IT-BPM(情報技術とビジネスプロセス管理)は、米国企業によるフィリピンへの最大の産業投資のひとつであり続けています。HIMSは、パンデミックにもかかわらず、最も急成長しているサブセクターのひとつとして、二桁の成長を遂げています」とLopez氏は言う。

また、高度なスキルを持ち、教育を受け、コスト競争力のある人材プールは、依然として世界のIT-BPM企業にとって好ましい場所であるとして、同国の主要な優位性であると付け加えた。

労働力とは別に、ロペス政府は同国の投資環境を改善する政策を実施していると述べた。

これには、「企業回復および企業に対する税制優遇措置(CREATE)法」の施行が含まれ、当初は法人所得税率を30%から25%に引き下げていた。

また、プロジェクトの技術水準や立地状況に応じて4年から7年の所得税休日(ITH)を設け、ITHに加えて10年間の特別法人所得税の控除や5%の特別法人所得税を提供しています。

Lopezによると、HIMSはIT-BPM産業の一環として、CREATEの下での移行戦略的投資優先計画(SIPP)として2020年投資優先計画に含まれている。

同氏は、HIMSのようなイノベーション主導や技術主導のセクターの成長を加速させるために、パンデミックが発生しているにもかかわらず、現地の労働力をスキルアップし、再編するプログラムが継続していると述べた。

また、情報通信技術省は、国内の情報通信インフラ整備のためのプログラムを強化している。一方、反レッドテープ局は、フィリピンでの事業が国内外の投資家にとってより容易になるようにしている。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1151496