コロナウイルスの流行が続いているにもかかわらず、日本と東南アジアの投資家は、特に地元企業とのパートナーシップを通じて、フィリピンにおける新たな機会を模索し続けている。

(株)日本証券銀行、(株)MUFG銀行による。 (MUFG)は7月14日から16日にかけてビジネスマッチングフェアを開催しました。 約130名が参加したこのフェアは、セキュリティバンクであり、MUFGで3回目となるマニラでの開催です。 MUFGネットワークを通じて、フィリピンと域内各国とのビジネス関係の強化を図っています。

このような流行にもかかわらず、証券銀行とMUFGは今年のフェアで183回のコラボレーションミーティングを開催し、クライアントにネットワークを拡大し、ビジネスを成長させる機会を提供しました。

日本からは73社、フィリピンからは33社、タイ、インドネシアからは20社(MUFGネットワークと戦略的パートナーシップを通じて)が参加し、動きの速い消費財、小売、食品業界からも数社が参加しました。

世界的な保健危機にもかかわらず、日本と東南アジアの外国企業はフィリピン経済の成長に依然として楽観的である。 証券銀行とMUFGは、投資家がフィリピンの強力な労働力を海外直接投資の重要な原動力と見なしていることを理由に、ビジネスマッチングフェアを通じてフィリピンの強力な労働力を活用できると楽観視しています。

MUFG Bank-Manila Branchの代表取締役兼カントリーヘッドである橋田健氏は、次のように述べている。

「この前例のない時代には、私たちは常に新しいビジネスのやり方を受け入れ、顧客と関わり合わなければなりません。 MUFG Bank-Manila Branchのマネジング・ディレクター兼カントリー・ヘッドである橋田隆氏は、この仮想ネットワーキング・セッションは、MUFGとセキュリティー・バンクが顧客と積極的に協力し、成長機会を探求し、ビジネスの回復力を高める努力を続けていることを示しています。

出典:
https://business.inquirer.net/327499/ph-sythel-apparative-to-foreign-investors