フィリピン株は20カ月ぶりに上昇し、パンデミックの痛みを和らげる

Ph-stocks-rise

投資家は10月のインフレ率が予想を下回ったこと、最近の企業収益の流れ、マニラ首都圏のロックダウン・プロトコルの一層の緩和を歓迎したことから、株価は20カ月ぶりの高値をつけ、7300地区まで上昇した。

フィリピン証券取引所の主要株価指数(PSEi)は137.05ポイント(1.9%)高の7,340.77ドルとなりました。 この地域の他の地域では、貿易マインドは混乱していた。

これは2020年2月21日に7,369.78となり、PSEiの最高の仕上げとなりました。

4日間のトレーディング・ウィークでは、メイン・インデックスは合計286.07ポイント(4%)上昇しました。

「インフレが予想を上回り、7-9月期決算が好調だったことから、フィリピン株は年初来高値を更新した。 パンデミックによる規制緩和が続いていることから、景気はさらに悪化した」と、証券会社レジーナ・キャピタル・ディベロップメントのマネジングディレクター、ルイス・ジェラルド・リムリンガン氏は述べた。

INGフィリピンのエコノミスト、ニコラス・マパ氏は、10月の前年比4.6%のペースで、インフレ率の上昇は、コンセンサス予想の4.9%と比較すると驚くべきものだと述べた。

「予想よりも緩やかな食料インフレは、肉のインフレが減速し、野菜および果物価格の上昇を相殺した後、ヘッドラインの数字が下落した一因となった。 マパは調査リポートで、政府が豚肉の輸入を増やし、アフリカ豚コレラの増殖によって枯渇した供給を増やすことで、食肉価格はいくぶん安定したと述べている。

「原油価格の高騰による輸送インフレの予想上昇は、昨年の公共交通運賃値上げのベース効果が薄れた後に抑えられた」と付け加えた。

しかし、下方修正には意外感があったものの、10カ月物価上昇率の平均は4.5%で、中央銀行の目標値である2~4%を大きく上回っている。 それにもかかわらず、同氏は、中央銀行が今年の残りの期間、過去最低水準の金利を維持することを期待している。

すべてのカウンターが上昇し、不動産カウンターが3.3%上昇し、次いでサービスが2.53%上昇しました。

金融・持株サブインデックスはともに1%を超え、鉱工業・石油サブインデックスは1%を下回りました。

当日の総売上高は94億2,000万ポンドとなりました。 純海外購入額は6億9,524万ポンドであった。

67銘柄の下落を圧倒したのは137銘柄だったのに対し、44銘柄は横ばいだった。

ICTSIは7-9月期決算を発表して以来、最も活発に取引されている会社だった。 多国籍港湾会社の株価は5.22%上昇した。

SM PrimeとGT Capitalはともに4%以上増加した。

Ayala Corp.、BDO、BPI、Jollibeeはいずれも2%以上増加した。

グローバル・テレコム、ウィルコン、PLDTはいずれも1%以上増加した。

AEV、コンバージ、URCはいずれも1%未満の上昇となった。

一方、アベティッツ・パワーは1.9%減、メトロバンクは7-9月期決算発表後に1.3%減となった。

出所:https://business.inquirer.net/333883/ph-stocks-shoot-up-to-20-month-high-easing-pandemic-pains

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you