カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピンは、5億4,900万Pの新規プロジェクトによる照射施設の増強

Ph-on-irradiation-facility

BOI(Board of Investments)は、Irradiation Solutions, Inc.のPHP5億4,870万プロジェクトを承認した。 (ISI)は国内第2の照射施設である。

BOIは2023年6月までに多目的照射施設「タナイ」の商業運転を開始すると発表した。

ISIは、リザルのタナイにある照射施設で電子ビーム技術を利用する予定である。

BOIによると、国内唯一の電子ビーム照射施設はフィリピン科学技術省(DOST-PNRI)が所有・運営しており、年間440トン(MT)の容量を有している。

次回の照射施設では、年間25,000MTの照射能力が追加される予定である。

放射線照射は、ガンマ線、X線、電子ビーム装置などの電離放射線に物品を曝すことにより、食品および非食品の加工・保存技術である。

照射された製品は放射性物質にならない。

「このプロジェクトは、収穫後のロスを減らし、農産品や食品の貯蔵寿命を延ばす革新的な技術を採用することで、食品の強靱性を構築するという政府のCovid-19(コロナウイルス病2019)の対応に沿ったものです」と、Trade UndersecretaryとBOIの管理責任者であるCeferino Rodolfo氏は述べた。

タナイにあるISIの施設のターゲット顧客には、輸入業者、輸出業者、貿易業者が含まれる。

Rodolfo氏は次のように付け加えた。「これはまた、生産の質を高めることによって、農業バリューチェーン全体で必要とされる追加的な経済活動を促進すると同時に、地元産品の輸出品質を高め、その結果、より広範な国際市場にアクセスできるようにする。」

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1157013

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you