フィリピンは、9月から中国国際投資貿易見本市(CIFIT)2021に2年連続で参加している。 中国・アモイで8~11人が、主要な投資先として同国の最良の地位を示す。

「フィリピンと中国は、文化と貿易の両面で長く豊かな歴史を共有していることを考えると、この認識は驚くにあたらない」とRamon Lopez通商産業省長官は述べた。

投資委員会(BOI)は28日、製造業、ハイパースケーラー、イノベーション・デジタル技術、アグリビジネス、不動産開発、再生可能エネルギー、インフラへの投資を呼び込むことを目的として、「Make It Happen in the Philippines」キャンペーンを国際フェアに持ち込むと発表した。

「多国間投資協力のためのワンストップ・ショッピング・サービスを提供する以上に、CIFITは世界中から最も幅広い投資プロジェクトやビジネス・パートナーを選ぶのに役立ちます」とLopez氏は付け加えた。

フィリピンは、CIFIT 2020に参加し、64件のプロジェクト(総額534億ポンド)を実施した。

プロモーション中に買収された案件の1つは、7,700万米ドルの不動産プロジェクトだった。

マニラ湾地区のアジア・プラザは、住宅・商業ビルで、昨年、同国がCIFITに参加した出身地のひとつです。

このプロジェクトの建設は昨年6月に始まった。

それは、少なくとも200人の雇用を創出することが期待されている。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1150024