カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピンは2022年、東南アジアの景気回復で最も力強い回復を遂げた。

Ph-strongest-rebound-in-economic-recovery

東南アジアの経済回復は、フィリピンが最も力強い回復を見込んでいることから、COVIDとの共存を学ぶことにより、来年にはさらに顕著になると予想されます。

週次の経済プレビューでは、市場情報企業のIHS Markitは、2022年の経済シナリオはASEANがパンデミックからの世界的な回復から恩恵を受けていることから、ASEANにとって引き続きプラスであると述べた。

今年、この地域のほとんどの国は、デルタ変異体によるCOVID症例の急増に悩まされ、その結果、再び大規模な移動の抑制が行われ、事業活動が混乱し、消費の回復がさらに遅れた。

「2021年のASEANの景気回復は、COVID Deltaの新たな波によって著しく減速したが、2022年の経済状況は徐々に改善する見通しだ」とIHSマークイット・アジア太平洋地域のチーフエコノミストRajiv Biswas氏は述べた。

「GDP(国内総生産)成長のモメンタムは、2022年に改善すると予想されています。なぜなら、ワクチン接種プログラムは、より人口の多い東南アジア諸国の総人口に占める割合がはるかに高くなり、徐々に国内経済の正常な状態に戻ることができるからです」と同氏は述べた。

IHSマークは、主に過去2年間のベース効果により、2022年にはすべてのASEAN諸国でプラスの成長を見込んでいる。

フィリピンは7.2%前後で最も高い成長率を示している。 2022年の成長率は7~9%という政府目標の範囲内である。

フィリピンの今年の経済成長率は4~5%にとどまるとみられているが、国内外の経済学者や金融機関は、最近の景気後退により、すでに低い水準になると予想している。

次いで、ベトナムが約6.2%、ブルネイが5.8%、カンボジアが5.6%となる。 ミャンマーでは、政治的緊張が続いている中、1%未満の成長率となっている。

来年の高い成長にもかかわらず、IHSマークイットは、多くの東南アジア諸国が依然として大きな課題に直面していることを指摘した。

「いくつかの国では、2回目のワクチン接種率がまだ比較的低く、ワクチン供給へのアクセスに問題があり、インドネシア、フィリピン、ベトナムをはじめとする多くの国で人口が非常に多くなっています」とBiswas氏は言う。

この地域では、シンガポールとマレーシアが最も高いワクチン接種率を示しています。 カンボジアとブルネイでも初回接種率が高い。

ビスワスは、来年の経済成長のモメンタムが改善する一方で、ほとんどのASEAN諸国が財政健全化という中期的課題に直面することを強調した。

これは、財政対応の一環として、2020年以降、政府支出が高水準で推移したことにより、債務対GDP比が大幅に上昇したことによるものです。

IHSマークはまた、景気回復はエレクトロニクス製造業、家電製品、金融サービス、情報技術などの産業が景気回復を牽引する可能性が高いため、部門間でばらつきがあると指摘した。

一方、観光・航空輸送分野では、近い将来、国際旅行規制が大きな障害となっていることから、緩やかな回復が見込まれています。

また、この地域は過去数十年間で最悪の経済不況に見舞われたが、ビスワスは、ASEANは長期的に世界で最も急速に成長している地域の一つであり続けると述べた。

ASEAN全体の経済は、2020年の3兆ドルから2030年には6兆8,000億ドルに増加し、今後10年間で倍以上になると予測されている。

「今後10年間で、ASEANは中国やインドとともにアジア太平洋地域の3つの成長エンジンの1つとなるでしょう」とBiswas氏は述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/10/25/2136402/philippines-lead-asean-growth-2022

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you