カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピンにおける追跡調査、デジタル取引に対する課税

Ph-on-digital-transactions

デュターテ政権は、世界的流行に刺激されたオンライン販売の急増に対して、政府が現金化を目指す中で、他国がデジタル取引に課税する方法を研究するようタックスマンに命じた。

内国歳入庁(BIR)は、オンラインでの物品・サービスの販売を追跡する部門を設立すると発表した。 財務省は28日の声明で明らかにした。

BIRのシーザー・デュレイ委員は、同局は、この計画をどのように実施するかを決定するため、国家調査部を活用したと述べた。 同時に、BIRは、適切かつ効果的な税務デジタル取引の方法を見つけるために、ロシアや韓国のカウンターパートと協議する。

Carlos Dominguez III財務長官は、「われわれはこれらの連中に追いつかなければならない」とDOFの発言を引用した。

ハイテク大手のアマゾンが最近実施した調査によると、フィリピンのオンライン販売者の割合は70%で、東南アジアで最も高いことがわかった。 フィリピンでは電子商取引は比較的新しい分野だが、アマゾンは、パンデミックの影響で店舗を閉鎖し、オンラインで生計を立てるために動いている現状で、この業界の人気が高まっていると述べた。

昨年、BIRはオンライン企業に、法律では売上税と所得税の支払いが義務付けられていることを再確認するメモを発表しました。 同局は、国最大の歳入庁であり、年間税収の80%を占めています。

オンラインベンダーとは別に、インターネット上のコンテンツから収入を得ているソーシャルメディアの「インフルエンサー」も、資金不足に陥った政府の注目を集めた。 BIRは以前、250人のインターネットパーソナリティの初期リストを調査し、税金を支払っているかどうかを確認すると発表した。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/10/26/2136842/philippines-studying-ways-track-and-tax-online-sales

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you