貿易産業省(DTI)は、民間主導の人工知能(AI)研究センターを年内に設置することを期待している。

「年末までに、民間主導のAI研究(センター)を取り入れたい」と、Ramon Lopez貿易長官は最近、フィリピンのフィリピン商工会議所で語った。

国内に人工授精研究センターを設置することは、同国を同地域の人工授精センターとして位置づけようとするロードマップの一環である。

AIセンターを通して、政府やさまざまな業界が、AI製品と同様にコンサルタントサービスを利用することができる。

「政府主導ではあるが、私たちは大企業を結集しています。私たちは民間部門が主導して、(AIセンターの)運営を、もはやここにいなくても持続可能なものにすべきだと考え、より機動的でダイナミックな前進を図るべきだと考えています」とLopez氏は言う。

AIは、BPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)産業や海外のフィリピン人労働者の送金と同様に、同国の将来の外貨収入源と見なされているため、推進されていると述べた。

昨年、同国の情報技術(BPO)産業は267億ドル相当の収入を生み出し、132万人の労働者を直接雇用しました。

海外で働いているフィリピン人が送金した金額は、昨年は332億ドルに達した。

ロペスは、フィリピンは、利用可能な人材プールと科学技術、工学、数学の卒業生を考慮すると、人工授精の可能性があると述べた。

同氏は、AIや業務登録を容易にするためのプロセスのデジタル化は、後に残したい遺産のひとつだと述べた。

また、外国からの投資を彼の遺産としてより魅力的なものにするために、零細・中小企業の発展と経済改革を支援したいと考えている。

また、法人所得税率を引き下げ、インセンティブ制度の変更を行う企業再生・税制優遇法が成立したことを受け、DTIは小売貿易自由化法、公務員法、外国投資法の改正など、他の経済改革の可決を目指していると述べた。

「これらの改革は、外国人投資家の国内進出を促し、外国株式投資の増加を阻むような障害を減らす重要な経済改革である」と述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/08/22/2121656/dti-eyes-ai-research-center-year-end