Canalys and Counterpoint Researchの報告によれば、中国の機器メーカーであるレルムは、2021年の2四半期連続でフィリピン最大のスマートフォンベンダーである。

同報告書によると、4-6月期のフィリピンのスマートフォン市場のうち、レルムは26%を占め、年率51%の成長を記録した。

一方、カウンターポイント・リサーチによると、レルメは21%の市場シェアで市場を上回った。

マーケティング・リサーチ会社のカナリスとカウンターポイント・リサーチが発表した報告によると、「今年、スマートフォン・ベンダーは2四半期連続でトップとなり、スマートフォン・ブランドとしての地位をさらに固めた」と述べた。

レルメは2018年11月にフィリピン市場に参入した。

「3年足らずで、フィリピンの世界は想像を絶するほどの成功を収めました。そして、我々のファンやコミュニティからの驚くべき支援がなければ、これはできませんでした。 フィリピンマーケティング担当副社長のオースティン・フアン氏は、「われわれには、われわれが一歩一歩進んで、自らをアウトドアし、より高い地位に到達させる領域があることを知っている」と述べた。

「私たちは皆様の忠誠心に心から感謝しており、このような厳しい時代の中で、今月のグローバルファンフェストが喜びと楽観主義を広めることを期待しています」とHuang氏は付け加えた。

出典:
https://www.gmanetwork.com/news/money/companies/799335/realme-is-phl-s-top-smartphone-brand-research-firms/story/