SMグループは、マニラ首都圏の道路渋滞を緩和するため、パセイ市にモノレールとフライオーバーの統合プロジェクトを建設することを提案していると、運輸長官のアーサー・トゥガデ氏は水曜日に述べた。

Tugadeは、EDSA-Taft Avenue to Diokno Boulevard Transitについて、Pasay市との間で覚書に署名した。

これには、Pasay MonorailシステムとEDSA-Tramoフライオーバーが含まれる。

DOTrによると、このプロジェクトは、LRTL1、メトロ鉄道線3、EDSAバイスワイ、EDSAグリーンウェイズ・プロジェクトとも「相互運用可能」になるという。

Tugadeは、DOTrが共有したイベントの短いビデオクリップで、このプロジェクトは、Taft AvenueとJose W. Diokno Boulevardの一部のトラフィックチョークポイントを緩和するのに役立つと述べた。

DOTrによると、Pasay Cityの幹部と不動産大手SM Prime Holdings Inc.が共同プレゼンテーションを行った後、署名したという。 昨年9月 7.

プロジェクト自体については、追加的な詳細はなかった。

DOTrによると、モノレールは規制当局の監督・監督下に置かれており、その一方で、公共事業・高速道路局とは別途契約を結ぶという。

Pasay市は、50年後にプロジェクトのすべての構成要素の所有権を国に移転する予定である。

自発的なプロジェクトであるため、国の費用負担なしで建設される。 DOTrによると、同様に、直接保証、補助金、出資は提供されない。

当部門は、プロジェクトの運営フランチャイズを発行します。 さらに、「他の輸送プロジェクトと比較して、いかなる回廊に対しても」排他性は与えられない。

MOAはまた、運賃に関するDOTrの収益分配条件についても概説した。

これはP15以下では1%、P15を超えるとP30までは2%、P30を超えると3%である。

また、DOTrは、旅行以外の総収入の2%を占めることになる。

出所:https://business.inquirer.net/331141/sm-group-offers-to-build-monorail-and-road-flyover-in-pasay