調査によると、フィリピン人は1カ月の収入以上に支出している。

Filipinos-spend-more-than-earn

Bangko Sentral ng Pilipinas (BSP)が委託した2018年の消費者金融調査によると、5人のメンバーで構成される典型的なフィリピン人ファミリーは、1カ月に稼いだ金額を超える金額を費やしている。

2018年10月11日~2019年6月2日にカンター・フィリピンが実施した調査(回答者数18,000人)に基づくと、フィリピンの典型的な5人家族は月平均22,000ペソの支出を行っている。 調査によると、「フィリピンの一般的な世帯(5人のメンバーがいる)は、毎月約22,000ペソを食料と非食料のニーズに費やしている」という。

消費者金融調査は、フィリピン人世帯の資産、負債、収入、支出を考慮した、フィリピン人世帯の財政状況に関するBSPの全国3年ごとの調査である。

米国連邦準備理事会消費者金融調査(SCF)の後にパターン付けされた調査は、フィリピンにおける家計資産と負債に関するデータギャップに対処し、フィリピン統計局(PSA)の既存の家計調査を補完するために開発された。

調査によれば、毎月の支出レベルは、首都圏(NCR)ではP27、507/月、NCR以外ではP24、595、農村部ではP17、477で都市部で高かった。

全体のうち、72%が食料に支出されており、これが最大の割合を占めている。一方、住宅および公共事業は、非食料品の中で24%または最大の割合を占めている。

「食料は生活の基本的な必要物資の一つであり、フィリピンの世帯総支出のかなりの部分を占めていた。 BSPによると、世帯予算のかなりの部分は、水道、電気、ガス、その他の燃料などの住宅や水道設備の費用にも充てられていた。

同様に、総支出の10.5%は交通、7.4%は教育、5.8%は飲酒、タバコ、4.8%は医療支出に充てられている。

しかし、調査によると、世帯の平均月収は2018年価格でP14、932、P15、701と推定されている。 フィリピンの世帯の大多数、または74%近くが、雇用または公的・私的組織での労働から収入を得ていた。

BSPは、「雇用は世帯の主要な収入源であり、大部分は農場内、建設業、売り手、大工、運転手である」と述べている。

賃金労働者の半数近くが雇用のみから所得を得ており、21.4%が雇用とその他から所得を得ている。

また、賃金労働者の1.5%が雇用や起業活動から収入を得ている一方で、0.9%が異なる収入源から収入を得ていると回答している。

有職者の主な職業は、サービス業・販売業が22%を占め、次いで、販売・建設業などの初等職業が21.6%となっている。

一方、回答者の配偶者やパートナーの職業上位は、21%が初等職、18%がプラント・機械オペレーター、組立工、17.8%が大工、塗装工、マスコンなどの職業労働者であった。

家計のごく一部、または5%は、主に完全に所有され、支配されている事業から、起業活動から収入を得ている。

「起業活動に従事するフィリピンの世帯はごくわずかであり、主に個人企業であり、主に小売販売および外食サービス活動に従事している」と、中央銀行は語った。

調査によると、5世帯のほぼ2世帯(40.4%)が、何らかの形で、28.2%、17%が家計の手形、1.6%が未払いのクレジットカードの請求書を発行している。

世帯ローンの主な資金源は、住宅ローンのPag-IBIG基金と住宅公社、オートローンの内部融資、ビジネスローンやその他の消費者ローンの金融会社であった。

約65%の世帯がオートローンを期限どおりに支払うことができ、43%が住宅ローン、86%がビジネスローン、77%がその他ローン、70%がクレジットカードローンであった。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/01/2138052/pinoys-spend-more-they-earn

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you