カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT.

調査によると、大企業の半数以上がパンデミックの中で雇用を維持し、雇用を増加させている

increased-employment-amid-pandemic

フィリピン経営協会(MAP)、企業理事協会(ICD)、およびマカティ・ビジネス・クラブ(MBC)が実施した調査では、大企業は、コロナウイルス病2019(Covid-19)のパンデミックが進行する中で、従業員数を維持または増加させていることが示された。

4月6日から5月16日に実施された調査によると、61%の企業が減収と回答したにもかかわらず、55%の企業は従業員数を減らさず、雇用活動を継続していた。

MBCのエドガー・チュア議長は月曜日に発表した声明の中で、「企業の主要な目的は雇用を創出することであり、このような危機に際して、企業の最優先事項は雇用と人々の健康と安全を守ることである」と述べた。

同調査によれば、パンデミックの最初の1年間の停滞の中で、99%の企業が従業員を支援している。

調査対象となった200人の幹部の45%は、非報告正規従業員の給与支払いを続けていると回答しており、31%は未報告の契約従業員の給与を支払っている一方で、30%は代理店に雇用された従業員の給与を支払い続けている。

調査によると、43%の企業が特別な資金援助、前払い、正規従業員への融資も行っており、27%の企業が契約社員への支援を行っており、25%の企業が代理店従業員への支援を行っている。

また、51%の企業が、前払い、放棄された手数料や義務、物資、その他の支援など、顧客や顧客に支援を提供していると回答している。

サプライヤーと請負業者については、34%の企業が、支払条件の延長、割引、支払いと賃借料の免除に関して、彼らを支援していると回答した。

73%の大企業の大部分が、個人用保護具、食事、宿泊施設の提供、およびCovid-19検査・隔離施設の提供を通じて、このパンデミックの間に医療従事者を支援したと回答している。

また、約69%の企業が低所得層のコミュニティに寄付を行い、33%が寄付を通じて組織を支援していると回答しています。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1154785

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you