Think tank Moody’s Analyticsは火曜日、フィリピンとアジアの人口の多い近隣諸国は新しいCOVID-19株によるリスクに直面しているため、経済をさらに再開しながら慎重に進める必要があると述べた。

「デルタ派生型の現在の波は衰えつつあるが、移動制限を緩和するために政策立案者が迅速に対応すれば、この地域はまだ知られていないもう1つの変種になる可能性がある。 Moody’s Analyticsのアジア・パシフィック・エコノミスト、Steven Cochrane氏は報告書の中で、これまでのワクチン接種率が低いフィリピン、ベトナム、インドネシア、タイが最も脆弱であると述べた。

Moody’s Analyticsは、フィリピンはすでに「毎日の死傷者数およびコロナウイルス関連の死亡者数が依然として非常に多いにもかかわらず、より標的を絞った移動制御命令を制定している」と指摘した。

政府は現在、個人消費の拡大を促すために、包括的な検疫規制ではなく、細かいロックダウンを実施している。

ムーディーズ・アナリティクスは、フィリピンの2021年の国内総生産(GDP)成長率を4%と予測し、政府の目標レンジの下限は4%から5%に引き下げた。

2022年のムーディーズ・アナリティクスによると、フィリピンの成長率は政府の7~9%の目標を下回るものの、6.4%と急速に上昇した。

高い経済成長に伴い、失業率は今年は8.1%、来年は6.9%と、2020年の15年ぶりの高水準である10.3%から改善すると予想された。

しかし、ムーディーズ・アナリティクスによると、アジア太平洋地域全体では、「短期的にはより大きな脅威がインフレ上昇している」という。

また、今年のフィリピンのインフレ率は平均4.1%となり、政府の目標値である2~4%を上回ると予測している。

フィリピンのインフレ率は来年目標の3.5%に戻った。

Moody’s Analyticsは、「現時点では、インフレ率が中央銀行の目標金利を上回っているのは、アジア太平洋地域の4カ国(オーストラリア、ニュージーランド、韓国、フィリピン)にすぎない。フィリピンはアジア太平洋経済のパフォーマンスが最も低い国だから、金融政策は来年のほとんどの期間、維持されるだろう」と述べている。

出所:https://business.inquirer.net/332015/ph-urged-to-reopen-economy-with-caution