政府は、今年の最初の7カ月間にタバコからより高い税収を徴収し、2つの大手たばこ会社が同国の医療システムをパンデミックの最中に維持するために州が利用できる多額の税金を支払った。

財務省の声明によると、1-7月期の内国歳入局のたばこ税の徴収額は前年同期比31%増の830億ポンドだった。

フィリップ・モリス・フォーチュン・タバコ 株式会社 市場シェア50.1%を維持していたPMFTC(PMFTC)は、7カ月間の物品税支払額が前年同期比6.9%増の420億4000万ポンドとなり、過去最高を記録しました。 PMFTCは、主力ブランドの「マールボロ」とは別に、「チェスターフィールド」、「フォーチュン」、「ホープ」のブランドを製造・販売している。

PMFTCの納税額は、日本たばこインターナショナル(フィリピン)社の決済額を上回った。 (JTI)は1-3月期に388億ポンドの物品税を支払い、前年同期比73.1%増となった。 JTIは、キャメル、ウィンストン、メビウスなどのたばこブランドを販売しており、当期は46.8%のシェアを獲得しました。

1月から7月にかけて徴収された物品税総額のうち残りの21億3000万ポンドは、AAAPAなど他のたばこメーカーが支払ったものである。 (AAATC)とケンスタンド・フィリピン (KPI)

税制上の倉庫から排出されたたばこを消費者に販売するための数量取り引きに関しては、JTIからの総数7億7700万本の荷物が、1-7月には前年同期比56%増の7億7700万本の物品課税を受けていた、とDOFは指摘した。

一方、PMFTCの撤去量は、1月から7月にかけて前年比3.78%減の8億4,100万パックとなりました。 これは3,300万パックの減少となりました。

DOFによれば、PMFTCとJTIの両方の物品税率は、税法に従い、今年は1パック当たりP5上昇した。 JTIの場合、除去量の増加も税金支払いの増加に寄与しました。

物品税は、政府歳入の重要な部分を占めており、これらの物品からの徴収金は、2019年に制定されたユニバーサル・ヘルスケア法の資金源のひとつである。

この野心的なプログラムは、コロナウイルスのパンデミックが起こり、フィリピン健康保険公社の資源が浪費されるまで、2020年にパイロット・ランを実施する用意ができていた。 (PhilHealth) 州の医療保険会社は、この法律の実施を任務とした。

タバコおよびその他のタバコ製品に対する税金は、デュターテ政権下で3回引き上げられた。

第1審は、2018年に加速及び加入のための税制改革(TRAIN)法の下に置かれた。

次いで、昨年から始まった共和国法11346、2019年のたばこ税法では、たばこ税を1パック当たり45ポンドの均一税率に引き上げた。また、2020年から始まった、電子タバコとアルコール製品にさらに一連の税引き上げを課したRA 11467がこれに続いた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/09/20/2128428/7-month-tobacco-excise-tax-collections-31-dof