トヨタはバタンガスに47億ポンドの物流拠点を開設

toyota-in-batangas

トヨタ自動車フィリピン (TMP)はバタンガスにP47億の物流拠点を開設した。 バタンガスでは、輸入ユニットを最大4,500個分貯蔵することができるため、ラグナにある施設のスペースを確保し、地元で生産されたユニットを貯蔵することができる。

TMPは14日、バタンガス港から約6キロ離れたバータンガス・ベヒクル・センター(BVC)を開設したと発表した。 常用労働者、支援要員、請負人員の計1,123名の従業員を雇用する。

32ヘクタールの施設は、リアルタイムの車両追跡にRFIDタグ技術を用いており、年間16万台の生産能力を有している。 ここでは、洗浄、標準付属品の取り付け、検査、車両のメンテナンスなど、主な車両準備を行うこともできます。

TMPによると、これは完成車や輸入車の保管に使用されるため、ラグナ州サンタロサにある既存の車両センターは、現地で組み立てられた車両に専用となる。

TMPの委員長を務めるアルフレッド・ティ氏は、ラグナの施設は現在、最大4万人のフィリピン人の生活を支えていると述べた。

「BVCの設立に伴い、Santa Rosa Vehicle Centerは、成長を続ける完全ノックダウン(CKD)ViosとInnovaモデルに専念することになります。これらのモデルは、地元で生産されたトヨタ車に対する顧客の誇りを高める需要に対応するものです」と同声明は読み上げている。

出所:https://business.inquirer.net/331281/toyota-launches-p4-7-b-batangas-logistics-hub

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you