フィリピンの多国籍コングロマリットであるサン・ミゲル社は、待望の大量鉄道プロジェクトの完了に向けた作業が続いているにもかかわらず、メトロ鉄道輸送(MRT)-7プロジェクトの最初のバッチが来週、韓国からフィリピンに到着すると発表した。

韓国の現代ROTEMから調達した6台、2台の車両で構成される列車は、当社の顧問である韓国鉄道(株)(コライル)を中心に、検査・受入試験をクリアしています。

各列車は、全長65.45メートル、あるいはオリンピック大のプールの全長50メートルに及ぶ。

「世界有数の鉄道・鉄道システム建設会社として知られる、韓国から新しく、質の高い列車がタイムリーに到着することは、このような歓迎すべき開発であり、大きな意義を持っていると思います。 パンデミックのために、多くの人々がわが国の将来について不安を感じている時代に、このことは、国造りの仕事が続いていること、インフラの改善、経済成長の見通しの向上、そしてわが国のより明るい未来への投資の仕事も停止しないことを示しています。とりわけサンミゲルでは、SMCのRamon S. Ang社長は9月1日(水曜日)の声明の中でこう述べています。

Ang氏によると、MRT-7は、電力システム、コンピューター・通信システム、信号システム、自動料金システムなどの複雑さを増しているという。

当社では、MRT-7に必要な他の重要な装置についても、各国から調達したものについても、製造を完了していることを報告しています。

また、自動料金システム、通信システム、信号システム、電源システム、第三鉄道、線路工事システム、車両メンテナンス機器など、列車のメンテナンスに必要な各種の鉄道運行機器も、年間を通じて各国から納入されるようになっている。

プロジェクトの最初の試運転は2022年12月に設定されている。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152313