スマートフォン・ブランド「vivo」は、グローバル・マーケット・ソリューション・カンパニーであるストラテジー・アナリティクス社によれば、2021年4-6月期にアジア・パシフィックで5Gスマートフォン・ベンダーのトップに選ばれました。

ストラテジー・アナリティクスのシニア・アナリスト、ユエン・ウー氏は、「ビボはアジア太平洋地域の主要(5G)スマートフォン・ベンダーで、出荷台数は年率215%の伸びを示している」と述べた。

先月発表された報告書で、Wuは、先端技術と手頃な価格の組み合わせを利用することで、Vivoが他のスマートフォンプロバイダを成長させたことを指摘した。

アジア・パシフィックの5Gスマートフォンの出荷台数は、昨年の2倍以上(年率110%増)に増加しました。

現在、Vivoはフィリピンで18.2%のシェアを有しており、Y12やV21、X60などの最先端スマートフォンなど、手ごろな価格の機器の導入に注力したことで、スマートフォンブランドとしては国内トップクラスの成長を遂げている。

フィリピンのスマートフォン市場は、先月発表された国際データコーポレーション(IDC)の携帯電話四半期トラッカー報告書によると、2021年第2四半期に前年同期比22.6%の成長を記録した後、10-12月期に引き続き上昇軌道に乗っている。

一方、5G対応携帯電話は4-6月期の出荷台数全体の10%以上を占め、前期比56.1%の増加となりました。

IDCによれば、これはフィリピン人がより良い機能のためにより多くの支出を行う意思を反映している。

出所:https://www.philstar.com/lifestyle/gadgets/2021/09/03/2124624/vivo-top-5g-smartphone-brand-apac-second-quarter-2021-report