日本はマラウイの住民に150戸以上の永住家を売り渡す。

日本はマラウイの住民に150戸以上の永住家を売り渡す。

日本政府は、戦争で荒廃したフィリピン南部の都市が立ち直るための支援の一環として、マラウイ市のバランガイ・マキララ市の住民に合計150戸の恒久住宅を引き渡しました。 この交代は、先週金曜日、小志川一彦大使をはじめとするフィリピンの関係者、例えばタスクフォース・バンゴン・マラウイ(TFBM)の議長やDHSUD(人間居住開発省)のエドゥアルド・D・デル・ロサリオ長官が率いるバーチャル式典で正式に行われました。 離職率は、日本政府と国連フィリピン・生息地との協力プロジェクトの第3段階であった。...
日本のオゾン層保護を目指すフィリピン

日本のオゾン層保護を目指すフィリピン

フィリピンは、全国各地の事業者から、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)やハイドロフルオロカーボン(HFC)の安全な処理に日本の協力を求めている。 このような支援により、オゾン層と気候を保護するHCFCやHFCを大気中に放出することなく破壊することが可能になると、環境天然資源環境管理局(DENR-EMB)のVizminda Osorio副局長は指摘した。...
フィリピン人学生の研修を支援する日本のフィリピン人教授

フィリピン人学生の研修を支援する日本のフィリピン人教授

東京海洋科学技術大学のフィリピン人助教授(32歳)は、日本で学んだ知識と技能を持つエンジニアリング生を支援するようになりました。 「私はUP-Dilimanの教授と緊密なコミュニケーションを取っています。 また、昨年4月1日、大学食品科学技術部の在任期間を与えられたばかりのマーク・アンソニー・レド氏は、フィリピンが現在提供できない知識やスキルをさらに身につけられるよう、良好なネットワークを築いていると述べた。 「そうする間に、私はUPの教授と話し合いました。すぐ後に、留学生や大学院留学生を推薦できるようになりました。...