フィリピンウイルス研究所(VIP)の創設は、2022年の科学技術省(DOST)の予算案の下、PHP9億8,300万人を受領する予定である。

下院副院長兼セブ第一地区代表のエドゥアルド・ギャラス氏は、コビッド19をはじめとするヒト、動物、植物のウイルス性疾患の研究に特化した同国初の研究開発機関は、タラック州カパスのニュークラーク経済地区内の最新鋭の施設に収容されると述べた。

Gullasは声明の中で、「DOSTは来年、新たな研究開発(研究開発)費用として13億ポンドを受け取る予定で、9億8,300万ポンドがVIPに支出される」と述べた。

「VIPは、最終的には、ウイルス性疾患に対する将来のワクチンを創出する自らの能力を開発することが絶対に不可欠となっている」と述べた。

先月、衆議院は198票で圧倒的多数の賛成を得て、VIPの創設を提案する下院法案9559を可決した。

Gullas氏によると、VIPはCovid-19変異体だけでなく、すべての新興ウイルス、疾患を引き起こす特性、分類、培養、遺伝学を調べることを想定しているという。

「研究所は、野生のウイルスを分析し、ヒトに感染する可能性があり、将来公衆衛生を脅かす可能性があるウイルスや、家畜のウイルスを分析し、我々の食料供給を脅かす可能性があるウイルスを分析します」とGullas氏は述べた。

同研究所は、世界の主要な科学者、ウイルスセンター、研究所と戦略的パートナーシップを構築し、ウイルス学のフロンティアを発展させる革新的かつ先駆的な研究を実施しなければならない。

科学的研究開発の成果の関係行政機関、産業界及び学会への移転を促進し、及びこれを行うこと。

ウイルス学の科学技術に関する情報システムを、公的部門と民間部門が利用できるように開発し、維持しなければならない。

ウイルス学研究基金は、当初20億ポンドを拠出し、ウイルス学研究所戦略計画の実施にのみ使用される予定である。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152043