フィリピン政府は、ジェネリック医薬品の製造能力を高めるため、製薬会社を誘致する政策を推進している、とRamon Lopez長官は述べた。

ロペスは水曜日、ウェビナーで、とくに貧しい人々のために、安価な医薬品へのアクセスを拡大するための対策を進めていると述べた。

「DTIがこの目標に向けて取り組む一つの方法は、国のジェネリック医薬品の製造・供給能力の強化である。 これは、特にフィリピン人の大多数の健康が危機にさらされているこの重要な時期に、彼らの十分、公平、安価で効率的な供給を確保することを意図している」と同氏は述べた。

フィリピンは、世界中の医薬品製造に使用される天然成分やハーブの良質な供給源であるため、製薬会社にとって有望な立地であると付け加えた。

これにより、同国は同地域の製薬会社の製造拠点となる可能性があるとDTIのチーフは述べた。

「これらの企業は、わが国の若く技術的に熟練した労働力、強力な政府支援、優れた政策環境、規制上のインセンティブから恩恵を受けることができます」とLopez氏は言う。

「企業再生・企業税制優遇(CREATE)法」により、政府は、ここに施設を設立する製薬企業に税制上の特典を与えている。

医薬品とは別に、政府はワクチン製造業者、特にコロナウイルス病2019(Covid-19)に対するワクチン製造業者に対し、同国で最も必要とされているワクチンの製造を奨励している。

一方、メディシンズ・トランスペアレンシー・アライアンス(MeTA)のロバート・パグダンガン会長は、ジェネリック医薬品の供給を増やし、現地市場での価格を引き下げる措置を支持すると述べた。

パグダンガンは、フィリピンは2018年の同地域の保健医療支出総額に占める自己負担額の割合が54%と最も高いと述べた。

これは、ベトナム(44.9%)、マレーシア(35.1%)、インドネシア(34.8%)、シンガポール(31%)、タイ(11%)と比較して高い。

「これは、Covid-19のパンデミックの発症とともに悪化する」と同氏は述べた。

一方、パグダンガンは、ジェネリック医薬品の販売促進における同国のマイルストーンを強調した。 これらには、ジェネリック法、国民健康保険法、安価医療法、ユニバーサル・ヘルスケア法、フィリピン製薬調達公司の設立が含まれる。 (PPPI)、ボティカン・バイアン・プログラムの開始

貧困層のためのより安価な医薬品へのアクセスを改善するため、政府はすべての病院でBotika Bayanを拡大し、PPIを通じて医薬品の調達をプールして、政府が運営する農村保健部や病院のBotika Bayan店舗に配布すべきだと同氏は述べた。

また、結核、高血圧、糖尿病などの病気の治療薬もボティカン・バイアンの店舗で販売されるべきだと付け加えた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1154315