フィリピン保健研究開発評議会(PCHRD)理事長のJaime Montoya氏は金曜日、約1億7500万ポンドが、疾患のより良い診断や管理に使用できる研究施設の設立に充てられ、今年9月に発足する予定であると語った。

Protein, Proteomics and Metabolomics Facility (PPMF)は、フィリピン大学(Diriman)のNational Science Complex内のフィリピン Genome Centerメインビルの2階にあります。

「PPMFは、フィリピンの研究者にプロテオームとメタボロームの研究能力を提供する。 これらは、生物体内のタンパク質や代謝産物の集合体であり、実際の特徴を提供する。 ゲノムは潜在的形質の一面を提供するが、プロテオームとメタボロームは、生物や標的サンプルの状態の実際の写真を示している」とMontoya氏はフィリピンニュース局の質問に答えた。

同氏は、プロテオミクス解析は癌のような疾患の「バイオマーカー」を同定するために利用できる可能性があると述べた。 「これらのバイオマーカーを疾患の状態に関連付けることにより、疾患のより良い診断または管理に使用できる重要なタンパク質が明らかになる可能性がある。 その後、これらのバイオマーカーを連続患者で検出することで、これらの患者のより良い「個別化された治療」に利用できる可能性があるとMontoya氏は説明した。

この施設では、特定の疾患の原因や、フィリピンで発見されたユニークな資源に見られる特殊な形質について、より直接的な分析を行うことができると同氏は続けた。

科学技術省は、これに約1億7500万PHPを配分したと述べた。

Montoyaは、この新施設がマルチオミクス技術の利用能力を拡大することを明らかにした。

PPMFは、DNA(デオキシリボ核酸)およびRNA(リボ核酸)を研究する(PGCの)DNA配列決定コア施設と組み合わせて、標的生物におけるタンパク質および代謝産物の分析を可能にする利用可能なインフラストラクチャーを拡張する。 これらの能力は(すべてのフィリピン人研究者を対象とした)フィリピン人研究者である」と同氏は述べた。

また、PGCの使命は、研究機関内で世界レベルの研究を行うことだけでなく、他の研究者のエンパワーメントのために利用可能な資源の利用を促進することであると指摘した。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1151824