フィリピンで最も活発な火山によって流出した土壌は、メイヨンが抗癌特性を有することがわかっている。

科学技術省によれば、フィリピン大学ロスバニョス(UPLB)の研究者は、マヨン近郊のアルバイ州マリポットの土壌試料から30種の細菌種を分離した。 これらのうち少なくとも13種は、既知のヒトおよび植物病原体に対して様々な抗生物質活性を示した。

しかし、メイヨンの土壌から分離された細菌の1つで、ストレプトミセス属とよばれる。 A1-08は、「多数の潜在的病原性微生物および抗結腸直腸癌の可能性に対する抗生物質活性」を示した。

UPLBの微生物学部門のプロジェクトリーダー兼助教授、クリステル・メー・オリベロス氏は「われわれは新種や新種を獲得することに大きな期待を抱いている」と述べた。

彼女は、彼女と他の研究チームであるAlbert Remus Rosana氏、Rina Opulencia氏、Asuncion Raymundo氏、故Teofila Zulaybar氏、Arian Jacildo氏、Andrew Montecillo氏が行った実験の結果に、科学者たちは「全く驚き、

カナダのアルバータ大学のロサナ博士課程の学生は、かつてはストレプトミセス属であったと述べた。 A1-08は新種であることが確認され、同チームはフィリピンで最も活発な火山を称えて「Streptomyces mayonensis A1-08」と命名した。

Albay By Oliverosチームの発見は、過去数年間の重要な発見に続くフィリピンにおける最新のブレークスルーであった。

フィリピンで最も活発な火山であるメイヨンは1616年以来47回爆発し、破壊、死亡、そして最近では生命を救う土壌をもたらした。

出典:
https://newsinfo.inquerer.net/1469391/破壊的マヨン・イールド・サバイバー・ソイル