睡眠改善を目指す日本のウェアラブル・デバイス

wearable-device-to-promote-better-sleep

睡眠障害はありますか? 専門医に行く前に、何か新しいベッドを着ることが役に立つかもしれません。

電気があることを確認してください。

東京大学からスピンオフした東京の新興企業、キセノマ(株)は、5月、睡眠診断のためベッドに着用する「e-skin Sleep Tshirt」を発売しました。

柔軟な電子回路を内蔵した布のパッチを、腹部のシャツ前面のポケットに縫い込む。 シャツには、ポケットに取り付けられた小さな電子デバイスが付属しています。 シャツ内部の拍動、体の動き、温度を測定できます。 データは、デバイスにリンクされたスマートフォンにダウンロードされたアプリを使用して分析されます。

睡眠の質は100ポイントの尺度で評価される。 Appは、スコアを改善する方法についてアドバイスを提供します。

「製品を着るだけで、顧客は容易に睡眠状態を監視することができる」と、広報担当の田山美佐子氏は言う。 「30~40代の健康志向の人に人気がある」。

少子高齢化社会を支える役割も期待されています。

今年1月、名古屋を拠点とする繊維商社豊島(株) 地域の課題解決を目指す「ウェアラブル・スマートタウンくるみプロジェクト」を発足させました。 まず、地方公共団体の健康福祉対策の一環として、スマートウエアの普及を推進する。

豊島は同月、福島県いわき市とパートナーシップ協定を締結した。 保育園の寝たきりの子供の見守りや市民の体育プロジェクトに利用するようになりました。

「効果を見える化することで、対策への理解を深め、安全・安心で健康な社会を実現することができます」と豊島の泉千広さんは言う。

ウェアラブルデバイスの用途は多様化し,着用場所も広がっている。

しかし、京都精華大学のファッション批評家・准教授の足田博氏は、「現在のところ、ウェアラブル・デバイスのユーザーは、特定の機能を求めているユーザーに限られている。 気温を調節するファッション性の高いジャケットなど、誰もが価値を見いだせるものを開発すれば、急速に普及する可能性がある」と述べた。

出所:https://technology.inquirer.net/113436/japans-wearable-devices-aim-to-promote-better-sleep-running-form

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you