カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

エプシロンロケットに搭載された日本の人工衛星9基

Jap-satellites-aboard-epsilon-rocket

宇宙局によると、日本はエプシロンのロケットに搭載された少なくとも9基の衛星を宇宙に送り込んだという。

この衛星は、日本が教育機関や企業の宇宙開発への関与を促進するのに役立つと、東京に本拠を置く共同通信が報じている。

Epsilon-5ロケットに搭載された衛星は、約5100万ドルの費用がかかり、鹿児島南西部の内之浦宇宙センターから打ち上げられた、と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は言う。

衛星打ち上げは技術的な理由などから10月以降3回延期された。

衛星は、木星から放射される自然電波の調査に加えて、宇宙デブリを収集する。

JAXAがエプシロンロケットを使って7基の人工衛星を打ち上げたのは、2019年のことです。

低コストで小型のロケットは、液体推進薬よりもロケットに装填する時間が短い固体燃料を使用する。

JAXAによれば、「人工知能技術は、人件費や打ち上げコストを削減するために設計されています」という。

一方、JAXAは別途、国際宇宙ステーション(ISS)で長時間の任務を終えた乗員ドラゴン宇宙船(Crew-2)に搭乗し、月曜日夜、明彦星出さん(52)を含む4人の宇宙飛行士が地球に帰還したとの声明を発表しました。

彼らは宇宙で約200日を過ごした。

乗組員2は、米国フロリダ沖を飛び降り、ISSへの3回目の有人往復航行を完了した。

宇宙カプセルCrew-2は、米国宇宙探査技術公司が開発したものです。 または、スペースX。

NASAのシャン・キンバラ氏とメガン・マッカーサー氏、欧州宇宙機関のトーマス・ペスク氏は、日本の宇宙飛行士に同行した他の3人の宇宙飛行士であった。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1159253

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you