カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

BPOは不動産市場の回復に向けた重要な戦略

BPO-on-market-recovery

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)業界は、2008年の世界的な金融危機時と同様に不動産市場の回復を促すことが期待されている、とColliers Philippines for Office Services Dom Frederick Andaya 氏は述べた。

アンダヤ氏は市場説明会で、米国経済の開放が始まったことから、BPO部門のオフィススペース需要は堅調だと述べた。

「現在、世界的な金融危機で起きたことと同様に、復興と再建のための戦略としてのアウトソーシングは重要な前進を遂げるだろう」と同氏は述べた。

同氏は、この業界は売上高で8%、常勤従業員で8%の拡大が見込まれており、成長の牽引役は金融サービス、銀行、保険、ソフトウェア開発やゲーム開発などの高水準の仕事であると付け加えた。

アンダヤ氏によると、BPOはマニラ首都圏のオフィススペースを現在178万平方メートル、すなわち1棟あたり賃貸可能面積30,000平方メートルの60の空きビルに相当するスペースを吸収するのに役立つという。

Andayaは、178万㎡の空室スペースの吸収期間は約3.5年になると付け加えた。

マニラ首都圏を除くBPO企業は、セブ、パンパンガ、イロイロ、バコロド、ダバオなどの州でオフィススペースを探しています。

不動産市場の専門家は、ハイブリッド・ワーク・モデルの採用、オンサイトとワーク・オフ・ホームワークの組み合わせ、フィリピン経済圏庁(PEZA)に登録されたITパークや建物の利用可能性も、企業、特にBPO企業の投資戦略に影響を与える可能性があると述べた。

アンダヤ氏は次のように付け加えた。「いくつかの疑問は、PEZA登録企業は、特定の場所で事業を行うことを企業に義務付けていないBOI(投資委員会)のような他の投資促進機関からの移行を許可されているか。つまり、企業はハイブリッド・ワーク・モデル戦略を実施する柔軟性を持つことになるだろうか。」

テキストメッセージの中で、貿易長官とBOI議長のRamon Lopezは、BPOがPEZAとBOIに登録するかどうかに関わらず、CREATE法の下で同じインセンティブを得ることができることを確認した。

PEZAに登録している企業では、PEZAに登録されているITパークや建物、経済ゾーンの内部に位置することが義務付けられており、企業はBOIに登録する際にはどこにでも位置することができます。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1158199

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you