フィリピンのインターネットは依然としてフィリピン人にとって高額だが、今年は帯域幅の質が向上した。

フィリピン人は、最も安価なブロードバンド・インターネット・パッケージを提供するために、約5時間働かなければならない。 しかし、これは昨年より2時間18分短くなった。 しかし、サイバーセキュリティー企業のサーフサックは、年間指数の中で、110カ国がどの程度デジタル技術を進歩させているかを調査した。

また、フィリピンのインターネット利用料金は前年比156%改善したとサーフサック氏は述べた。

全体として、フィリピンは今年48位となり、これまでの「デジタル・クオリティ・オブ・ライフ」指数の66位から48位に上昇しました。この指数は、サーフサック氏によると、同報告書で「最も重要な改善の1つ」を示しています。 この地域では、フィリピンはアジア32カ国中12位であった。

サーフサックのVytaus Kaziukonis最高経営責任者(CEO)は、「COVID-19危機の間、デジタル・オポチュニティーはかつてないほど重要であることが証明され、各国が自国の経済のために完全に遠隔地での運用能力を確保することの重要性を強調した」と述べた。

本報告書は現在、3年目となり、国連、世界銀行、フリーダムハウス、国際通信連合などの情報源から公表された情報を用いてスコアを算出している。 Surfshakは、インターネットのアフォーダビリティとは別に、同報告書の他の4つの指標、すなわち、インターネット品質、電子セキュリティ、電子インフラ、電子政府についても検討している。

インターネット・コストの改善にもかかわらず、フィリピンは依然としてインターネット・アフォーダビリティ・サブインデックスの下限にあり、世界第72位となっている。

また、フィリピンは、既存のデジタルインフラがどのように発展し、どのように包括的なものとなっているかを検討した、電子インフラの点でも「遅れている」。 このセグメントの下、フィリピンは、隣国タイ、マレーシアに次いで63位に堅調に推移した。

また、フィリピンは電子政府の指標で世界第67位にランクされており、政府のデジタル・サービスにはある程度の改善が期待できると述べた。

一方、サーフサック氏は、フィリピンはインターネットの質と電子セキュリティに関して「好調な結果」を示し、同国はそれぞれ20位と30位にランクされたと述べた。

調査によると、同国のインターネットの質は「前年同期比で最も速いモバイルおよびブロードバンド速度の成長」を記録した後、「世界で最も優れたものの1つ」である一方、サイバー犯罪やデータ保護法への備えは「世界平均より20%良好」であり、ニュージーランド、オーストラリア、韓国をも上回っている。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/09/21/2128652/internet-philippines-still-expensive-quality-has-improved-report