6月の国際光ファイバー通信会議で発表された論文によれば、日本の技術者は、世界最高速のインターネット速度を達成したばかりであり、データ伝送速度は319テラビット/秒(Tb/s)を達成した。 この新記録は、1,864マイル(3,000km)以上の長さのファイバ線上で作成された。 そして、重要なことに、それは現代のケーブルインフラストラクチャと互換性がある。

2020年には、英国と日本の技術者が連携し、178 Tb/sの接続を実現し、これまでのインターネット速度の世界記録が確立された。 しかし、このエンジニアリングの功績は、過去の記録をほぼ倍増させる今回の発表に影を落としている。

研究チームは、従来の標準的なコアの代わりに、データを伝送するファイバ内に収容されたガラス管である4つの「コア」を使用した。
その後、信号はいくつかの波長に分割され、波長分割多重(WDM)として知られる技術を用いて同時に送られる。 より多くのデータを運ぶために、研究者らは稀にしか使われていない第3の「バンド」を使用し、いくつかの光増幅技術を介して距離を延長した。

この新しいシステムは、異なる波長で発射された552チャネルのコムレーザを用いて伝送プロセスを開始する。 次に、これは二重偏波変調を通して送られ、いくつかの波長が他の波長よりも前に送られ、複数の信号シーケンスを生成し、各信号シーケンスは光ファイバの4つのコアのうちの1つに向けられる。

このシステムを介して伝送されるデータは、光増幅器に衝突するまで、43.5マイル(70km)の光ファイバを通って移動し、その長い移動のために信号をブーストする。 しかし、さらに複雑な点がある。信号は2種類の新しいファイバ増幅器を通過する。1つはツリウムに、もう1つはエルビウムにドープされ、その後、ラマン増幅とよばれる従来のプロセスを続ける。

その後、信号シーケンスを光ファイバの別のセグメントに送信し、プロセス全体を繰り返し、1,864.7マイル(3,001km)の驚異的な距離でデータを送信することができます。

日本の研究者は、2020年の記録を水から吹き飛ばしたばかりでなく、現代の光ファイバインフラに容易に統合できる新しい工学的手法を用いて、そのような作業を行ってきた。

出典:
https://www.tomshardware.com/news/japan-breaks-internet-speed-record-at-319-terabits-per-second
https://interestingengineering.com/japan-shattered-internet-speed-record-319-terabits